第120回 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!2015年10月26日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 掛布雅之氏が阪神の二軍監督に就任!/ 4位 MLBワールドシリーズはロイヤルズvsメッツに決定!
3位 アレックス・ラミレス氏が横浜DeNAの監督に就任/2位 福岡ソフトバンクが日本シリーズ2連勝
1位 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!

 日本シリーズが開幕!また来季の去就をめぐって大きな動きがありました!その1週間を振り返ります!
※NPBの選手成績は今シーズンの終了成績です。

5位 掛布雅之氏が阪神の二軍監督に就任!

掛布雅之氏が阪神の二軍監督に就任!

10月21日(水)、阪神タイガースは本部長付打撃&育成コーディネイターの掛布雅之氏に二軍監督を要請。また掛布氏も了承し、就任が決まった。

  やっとしっかりとしたポジションで阪神に携われるといってもいいのではないだろうか。これまでは球団本部付育成&打撃コーディネーターとして球団に在籍していた掛布氏だが、今度は二軍監督として選手の人生を預かる立場となった。

 阪神の長年の課題は有望な若手野手が出てこないこと。顔ぶれを見ると江越 大賀梅野 隆太郎一二三 慎太北條 史也など楽しみな若手野手はいる。その選手をどう伸ばすのか、その選手たちをどの時期に一軍に送り出すのかは掛布氏の考判断に任されることになった。

 掛布氏には一軍で活躍できるための土台作りとして確固たる方針を掲げ、厳しく選手を育て上げてくれることを期待したい。

4位 MLBワールドシリーズはロイヤルズvsメッツに決定!

 MLBはリーグチャンピオンシップが行われており、ナ・リーグはメッツ。ア・リーグはロイヤルズに決定した。

MLBワールドシリーズはロイヤルズvsメッツに決定!

  ナ・リーグ王者のメッツは、カブスと対戦。第1戦はハービーが7回三分の2を投げて2失点の好投をみせると、マーフィー 、ダーノーの本塁打などで4点を入れ先勝。第2戦は5回まで4点を先制。先発のシンダーガードが6回途中まで投げて1失点の好投を見せると、計5投手の継投リレーで、2連勝。第3戦はマーフィの3試合連続本塁打が飛び出し、効果的に点を入れて、デグロームが7回無失点の好投を見せ3連勝でリーグ優勝に王手をかけると、第4戦は2回まで6点を先制し、その後も試合を優位に進めていき、8対2でリーグ優勝を決めた。このシリーズでは3番マーフィが4試合連続本塁打を打つなど素晴らしい活躍を見せていた。

 ア・リーグ王者のロイヤルズは、第1戦。ボルケス が6回無失点の好投を見せると、打線も8安打5得点と効率の良い攻めでまず1勝を手にすると、第2戦は3点ビハインドの7回裏に、一気に5点を入れて逆転に成功し、6対3で快勝。第3戦は8対11で試合を落としたが、第4戦は14対2で快勝し、王手をかけると、第5戦は1対7で3勝2敗となったが、第6戦で3対3で迎えた8回裏に勝ち越しに成功し、4対3で勝利。ア・リーグ優勝を決めた。打線も、投手陣のレベルも高いロイヤルズ。

 ワールドシリーズは10月27日に開幕する。

このページのトップへ

【次のページ】 3位 アレックス・ラミレス氏が横浜DeNAの監督に就任/2位 福岡ソフトバンクが日本シリーズ2連勝


【関連記事】
第10回 杉浦大介氏が選ぶ!MLB序盤戦のサイ・ヤング賞、新人王に挙がる選手は誰だ?!【MLBコラム】
第9回 杉浦大介氏が選ぶ!MLB序盤戦のMVPプレーヤーは誰だ?!【MLBコラム】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム