第3回 データを使った守備評価の基本(1) 「守備力をひっくるめて描写するDER」2014年07月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] データを使った守備評価の原型「DER」
[2] DERの算出式を学ぼう
[3] DERでつかむ「失点の構造」

DERの算出式を学ぼう


【DERの算出式】
=(打席-安打-四球-死球-三振-失策出塁)÷(打席-本塁打-四球-死球-三振)

 「÷」の左側が「アウトにした回数」。右側が「フェアグラウンドに飛んだ打球の数」となる。
 この数字を高めるには、内野手ならできるだけ多くのゴロに追いつき、補殺する必要がある。外野手は広い守備範囲を保ち、フライやライナーに追いついて刺殺を稼がなければいけない。内外野ともに、他球団の選手なら追いつけるボールに追いつけずヒットにしてしまうプレーが続けばDERは下がっていく。

DERはチームの守備力を表す指標だ。アウトにする回数を増やせばDERもあがる。

 イメージとしては、グラウンドのあちらこちらにばらまかれる打球に対し「選手がどれだけ駆け回って追いつきアウトにしたか」の描写だと考えるとわかりやすいと思う。

 ただ、この考え方に引っ掛かりを感じる人もいるだろう。「痛烈なゴロやライナー、外野手の頭を越えるような当たりを多く打たれる投手陣のバックを守る野手」「ポテンヒットのようなアンラッキーな当たりを多く打たれるチームの野手」の数字が悪くなるのでは、と思うかもしれない。

 結論から言えば、DERはそういった影響もノイズとして含んだ指標ではある。だが、痛烈なゴロやライナーを打たれ続ける投手が長くマウンドにとどまりはしないし、その後登板機会を減らしていくのが普通だ。またアンラッキーな当たりは、長い期間で見れば各チーム持ち回りのものだと言える。ある程度の量の打球を対象に算出すると、そうした影響は小さくなっていき、結果的に描写されるのはチームの守備力になるのだ。



【次のページ】  DERでつかむ「失点の構造」


【関連記事】
第10回 例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰?【データから見る野球の楽しみ方】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第4回 データを使った守備評価の基本(2) 「"DER"の次のステップ」【データから見る野球の楽しみ方】
第2回 投手がゴロを打たせることのメリットとリスク【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム