第3回 データを使った守備評価の基本(1) 「守備力をひっくるめて描写するDER」2014年07月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] データを使った守備評価の原型「DER」
[2] DERの算出式を学ぼう
[3] DERでつかむ「失点の構造」

DERでつかむ「失点の構造」

  DERが守備力を描写していると考えると、野球における「失点の構造」をシンプルにつかむことができる。
打者の打席での結果は、大きく2つに分けられる。

 1つは投手のみが関与できる結果「四死球・本塁打・三振」だ。
 もう1つはDER算出の対象となる「打球が発生して生じる結果(出塁・アウト)」である。

 試合の中では、こうした区分は取り払われ、各々の結果が入り乱れる。だが、投手のみが関与できる結果とDER算出の対象となる結果、それぞれの出現状況を整理してみると、失点に対する投手と野手の責任の範囲が見えてくる。

 例えばチーム防御率が同じように悪いチームでも、投手のみが関与できる結果はまずまずだが、DERが悪く多くの打球を出塁につなげられているチームもあれば、投手の結果が極めて悪く、DERの値は健闘しているといったケースもある。DERを使うと、失点の頻度だけではなく、その中味がどうなっているかをつかむためのヒントが得られるのである。

 DERはシンプルで古くから使われて来たため、過去の指標のように扱われることもあるがそれは誤りだ。打球を処理した割合から守備力を推定するという考え方は、データに基づく守備評価の根幹で、最新の指標にも引き継がれているものだ。
 シーズンによって異なるが、だいたい6割から7割に収まるこの数字には、失点に関する重要な情報が詰まっているのである。



 次のデータを使った守備評価の基本(2)では、『"DER"の次のステップ』について解説していきます!(次回の更新は7月9日です)

 

【関連記事】
第10回 例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰?【データから見る野球の楽しみ方】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第4回 データを使った守備評価の基本(2) 「"DER"の次のステップ」【データから見る野球の楽しみ方】
第2回 投手がゴロを打たせることのメリットとリスク【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム