第4回 データを使った守備評価の基本(2) 「"DER"の次のステップ」2014年07月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

データを使った守備評価の基本(2) 「DERの次のステップ」

【目次】
[1] 内野と外野に分け、守備の働きを捉える
[2] 「Batted Ball」とその先の評価
[3] 最後に…このデータをどう読み解くか?

 前回に続いて、データを使った守備評価の基本を解説します! 今回は、「"DER"の次のステップ」などの話です。

内野と外野に分け、守備の働きを捉える

  DERはそれのみで話を終えても良いくらい重要な数字なのだが、DERの考え方が守備の分析における次のプロセスへと、どうつながっているかの紹介もしておきたい。

 DERには、その値に対し投手と野手どちらに主たる原因があるかを示し切れていないという弱点がある。
 守備の評価をチームの強化や采配などに役立てることを考えるのであれば「グラウンド全体の守備力」ではなく、大まかにどの部分が優れているのか、劣っているのかがわかれば都合はいい。
 そこで検討されたのが、打球の処理についてもう少し精密にとらえようとする手法だ。アメリカの研究者たちは、まず外野と内野に分けて打球処理の状況をつかもうとした。
  DERはグラウンド全体の打球をひっくるめてアウトと出塁という結果に分けて集計したが、外野に飛んだ打球、内野に飛んだ打球それぞれで集計したのである。
 またその際には1つの工夫が加えられている。野手の守備力の推定を重視し、内野はゴロのみを外野はフライだけを対象としたのだ。それは「内野に飛んだフライはほぼアウトになる=内野フライは投手の“手柄”であり、内野手を評価するのには適さない」また「ライナーは外野手の純粋な守備力よりも、どの位置に飛んだかなど他の要素が出塁の可否への影響が大きい」という見方に基づき、より守備力の差が明確に表れる要素に、比較の対象を絞ったのだ。

【外野の処理率の算出式】
=外野フライをアウトにした数÷外野フライの総数

【内野の処理率の算出式】
=ゴロをアウトにした数÷ゴロの総数

 この数値を併せてみることで、DERの値の高さや低さが、内野手と外野手どちらの働きによって生じているかがつかめるのである。


【次のページ】  「Batted Ball」とその先の評価


【関連記事】
第10回 例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰?【データから見る野球の楽しみ方】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第3回 データを使った守備評価の基本(1) 「守備力をひっくるめて描写するDER」【データから見る野球の楽しみ方】
第2回 投手がゴロを打たせることのメリットとリスク【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム