第7回 打席での働きを1つの数字で表す2014年10月20日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

打席での働きを1つの数字で表す

【目次】
[1] (結果×価値)+(結果×価値)
[2] 価値算出で力を発揮する得点期待値
[3] wOBAという指標

選手の働きは1つの数字では計れない?

 マートン(阪神)と糸井 嘉男(オリックス)が獲得した首位打者、エルドレッド(広島)とメヒア、中村 剛也(ともに西武)が獲得した最多本塁打など、球界には数多くのタイトルが存在する。様々なタイトルがあるのは、「選手の働きは1つの数字では計れない」という考え方の表れだろう。

 その一方で、注目を浴びるタイトルと、少し地味で話題になりにくいタイトルがあるのも事実だ。称えられるべき数字の間にも価値の差はある、という認識は多くの人が持つものだろう。全てのタイトルの価値が等しいと考えている人は少ないはずだ。

 この2つの考え方の先へ踏み込み、「様々な数字を、価値に合わせた重みをつけて合算すれば、1 つの数字で打者の総合力を表せるのではないか?」と考えたのがセイバーメトリクスの研究者だった。
 「安打が多い」「長打が多い」「四球が多い」……といった、それぞれ独立した数字を、1つの基準に合わせ換算することで、最も価値のある打者を探ろうとしたのである。

安打の種類ごとに重み付けを変える長打率

 このテーマについて考える取っ掛かりとして、長打率の計算式を使ってみる。
 長打率とは、単打1本を1、二塁打1本を2、三塁打1本を3、本塁打1本を4という数字をあてて、それを合計した数(塁打数)を打数で割ることで求められる打者の1打数当たりの塁打の期待値だ。同じ打率でも長打が多い方が高い値を示す。

「様々な要素を、価値に合わせた重みをつけて合算する」というのは、まさにこの長打率の計算でやっていることである。
 打った打者が一塁まで進めた結果(=単打)に1ポイント、二塁まで進めた結果(=二塁打)に2ポイントという価値を設定し、その合計値を出して打数で割り機会の差をならしている。結果に掛け合わせている1〜4の数字(塁打)が、設定された価値、重みということになる。



 長打率ではどれだけ走者を進めたかに価値を置いている。打った打者、また塁上の走者を前の塁に進める力が大きい結果ほど、得点を生む上で効果は大きいという考え方をしている。だから単打よりも二塁打が、二塁打よりも三塁打が、三塁打よりも本塁打が重く扱われているわけだ。

 例えば打率はまた違う価値基準で設計されている。一塁打も二塁打も三塁打も本塁打も、どれを打っても得られるのは1ポイントだ。それぞれの結果が走者をどれだけ進めたかではなく、「打球を打って出塁すること」に価値を置いて計算している。

 長打率も、打率も、決めた価値基準に沿って算出される。その数字自体に、正しいも誤りもない。ただし、得点を生み出す上で「どれだけ走者を進めたか」という要素が影響しているのは明らかだ。同じ10安打でも、単打だけの10安打より二塁打や本塁打が織り交ぜられた10安打のほうが多くの得点が奪えそうだ、と考えるのは自然だろう。得点を奪う働きを捉えるには、「どれだけ走者を進めたか」を考慮しない打率よりも、考慮している長打率のほうが適している。

このページのトップへ

【次のページ】 進塁に対する評価が足りない打率、過剰な長打率


【関連記事】
第12回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】【データから見る野球の楽しみ方】
第11回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【チーム編】【データから見る野球の楽しみ方】
第6回 成績の平均値を考慮すると見えてくるもの【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム