第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編2014年11月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 優れた出塁率・長打率のヤクルト・広島が得点を量産
[2] 投手力の阪神、守備力の中日、コンビネーションの巨人

[3] 攻守両面からチームの能力を眺める

攻守両面からチームの能力を眺める


 最後に攻守両面からチームの能力を眺めてみる。
得点換算は、次のような形で行っている。

 攻撃は、あるチームの四球の数、安打の数、長打の数などに1本あたりの得点価値を掛け、それを打席数で割って算出した1打席当たりの得点貢献を算出。
 同じ値のリーグ平均と比較し、その差から「あるチームが生み出すと推測される得点」と「平均的な打線のチームが、あるチームと同じ打席数を得た場合、生み出すと推測される得点」との差を導いている。

 投球は、投手の責任と明確に定義できる被本塁打、与四死球、奪三振の数とそれぞれの1本(1つ)当たりの得点価値を使って見込まれる失点率(FIP)を算出。
 その値とFIPのリーグ平均との差から「あるチームが喫すると推測される失点」と「平均的な投手陣をもつチームが、あるチームと同じイニングを投げた場合、喫すると推測される失点」との差を導いている。
 なお、当然失点は少ないほどよいので、平均を下回った際はプラスで、上回った際はマイナスで表現している。

 守備は、あるチームの対戦打者数、被安打、被本塁打、奪三振、与四球、失策などからインプレー打球をどれだけアウトにしたかの割合(DER)を算出。
 その値とDERのリーグ平均とを比較し、その差から「あるチームが奪うと推測されるアウトの数」と「平均的な守備陣を持つチームがあるチームと同じイニングを守った場合、奪うと推測されるアウトの数」との差を導いている。

 それに「安打(本塁打を除く)1本分+奪アウト1個分」の得点価値(安打をアウトに変えることで得られる価値)を掛け、「あるチームが守備で減らすと推測される失点」と「平均的な守備陣を持つチームがあるチームと同じイニングを守った場合、守備で減らすと推測される失点」との差を導いている。

 いずれも、青字で示したのが平均よりも良い値、赤字で示したのが悪い値だ。
(得点価値については第7回『打席での働きを1つの数字で表す』[2]価値算出で力を発揮する得点期待値参照)

 失点面(投球+守備)でリードを広げた巨人。阪神は双方で好値を記録した。広島は攻撃で平均を大きく上回ったことが躍進を支えていたとわかる。
 中日とDeNAは得点力で引き離されていたことがわかる。ヤクルトは攻撃力では広島に並ぶレベルにあったとことが確かめられる。

 上位球団はいかにしてプラスを膨らませるか、下位球団はマイナスをどう埋めていくかが、効果的なオフの補強の指針になるだろう。

(文=市川博久+DELTA


【関連記事】
第12回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】【データから見る野球の楽しみ方】
第10回 例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰?【データから見る野球の楽しみ方】
第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第6回 成績の平均値を考慮すると見えてくるもの【データから見る野球の楽しみ方】
第5回 球場のサイズや形は、記録にどんな影響を与えるか?【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム