第9回 データで振り返る2014年ペナントレース(2)パ・リーグ編2014年12月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] ソフトバンクの得点力が充実。長打不足に苦しんだ楽天
[2] 優れた投手力を示したオリックス、野手の守備力が高いソフトバンク
[3] 最後に、セ・リーグと同様に攻守両面から各チームを見てみよう

優れた投手力を示したオリックス、野手の守備力が高いソフトバンク

 続いて、守備面を見ていく。


 唯一失点を3点台前半に抑えたオリックス。攻撃面ではソフトバンクに大きな差を付けられたが、ディフェンスでは投手陣の力によってリーグ最少失点。ペナントレース終盤まで食らいつけたのは投手陣の奮闘が大きい。奪三振・与四球・被本塁打いずれもリーグトップだった。三振を奪う能力が高く、四球を出すことが少ない投手陣、さらにリーグ2位のDERを誇る守備陣によって失点を大きく減らすことができた。

 これに続くソフトバンクも投手・野手双方ともに優秀だった。奪三振・被本塁打がオリックスに次ぐ2位でDERではリーグトップ。野手陣は攻守ともに他のチームを上回る成績を残したことになり、戦力の充実をうかがわせる。

 一方で投手は踏ん張りながらもDERがリーグ最下位だった楽天は、失点数でリーグ5位と振るわず。セ・リーグの阪神の例を見ても、投手と野手、どちらか一方だけのはたらきで優れた成績を残すことは難しいことがわかる。

 リーグで最も失点の多かったロッテは投手・野手双方に問題を抱えている。四球こそリーグ平均よりも少なかったが、三振が獲れなかったことが大きかったようだ。

ゴロを多く打たせ失点抑えた日本ハム。西武は外野フライをよく処理

 打球の処理について、もう少し細かく見ていく。


 リーグで最も打球に占めるゴロの割合が高かったのは日本ハム。FIPは目立った数字ではなかったが、リスクの低い内野ゴロを打たせる能力はリーグでもトップだった。守備に目を移してみると、内野ゴロを処理しアウトにした割合もリーグ3位とまずまずの数字。一方で外野フライをアウトにできる確率はリーグ最下位だったので、守備力に長けたポジションで打球を処理させるピッチングができていたとも言える。

 内野ゴロを打たせる割合が高く、内野ゴロを処理できる確率が高いという傾向は1位、2位チームに共通している。ソフトバンクは内野ゴロを打たせる割合がリーグで2番目に高く、内野ゴロを処理した割合はリーグトップ。

 オリックスは内野ゴロを打たせる割合がリーグで3番目、内野ゴロを処理した確率はリーグ2位。上位2チームは内野でできるだけ多くのアウトを獲るとともに、高い奪三振能力を有していたため、失点を大きく減らすことに成功した。

 反対にロッテはフライを多く打たせてしまった。これが被本塁打、長打の増加を招き、失点を増やしてしまったと考えられる。

 面白いところでは、西武の内野と外野のバランスが挙げられる。西武はゴロを処理できる確率ではリーグ最下位ながら、外野フライを処理できる確率ではリーグトップ、7割以上の外野フライをアウトにしている。ただし、これが失点を減らすことに十分な貢献をしているとは言い難い。優秀とは言い難い投手陣とゴロを処理できる確率が低い内野陣を外野陣のはたらきだけで支えるのは難しいのかもしれない。

このページのトップへ

【次のページ】 最後に、セ・リーグと同様に攻守両面から各チームを見てみよう


【関連記事】
第12回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】【データから見る野球の楽しみ方】
第10回 例年以上に豊作な「自由契約」外国人選手。活躍するのは誰?【データから見る野球の楽しみ方】
第8回 データで振り返る2014年ペナントレース(1)セ・リーグ編【データから見る野球の楽しみ方】
第6回 成績の平均値を考慮すると見えてくるもの【データから見る野球の楽しみ方】
第5回 球場のサイズや形は、記録にどんな影響を与えるか?【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム