第11回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【チーム編】2015年02月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【チーム編】

【目次】
[1] 「なぜ勝てるのか? なぜ勝てないのか?」その要因の整理をしよう
[2] 得点・失点情報の集め方
[3] 1試合ごとの得点・失点を収集し、グラフにする

 昨年5月から、統計学的見地に立った野球の分析手法、セイバーメトリクスが攻撃や投球、守備をどのようにとらえているのか、主流となっている理論を紹介してきた。今回からプロ野球開幕までは、ペナントレースを追いかけるときに実践できるような、具体的なデータの集計、整理方法を紹介していきたい。初回は、チームがどのような状態にあるかを知るための最重要情報である「得点・失点」を取り上げる。

「なぜ勝てるのか? なぜ勝てないのか?」その要因の整理をしよう

 プロ野球は勝敗を競っている。観る人の主な関心は「なぜ勝てるのか」「なぜ勝てないのか」「勝つためにはどうしたらいいのか」などだろう。勝てる要因、勝てない要因がどこにあるかの判断は、観る人がどこに着眼するかで変わってくるが、その視点の豊富さは野球観戦の面白さでもある。

 ただし、判断にデータ・数字を持ち込むときには、数多くある視点を整理する必要がある。基準となるのは「得点や失点への影響が、数値としてとらえられているか」だ。

 例えばグラウンドで起きるプレーは得点や失点への影響が確かめやすく、数値化もしやすい。ホームランを打てば1点以上入るのは明らかだし、投手の完封は平均的な投手の9回当たりの失点と比較すれば、価値は見当づけられそうだ。細かな計算は別にしても、得点への換算ができそうだ、というのはわかるだろう。(下図内のAの部分)

 一方、メンタルやリーダーシップ、勢いのようなものは、得点や失点にどれだけ影響するか現在の技術では確かめられず、数値に換算しにくい。(下図内のBの部分)

 こうした性質が違う視点を、同じ評価の土俵に持ち込まないことが、データ・数字を用いて野球を観るときにはとても大事だ。
「リーダーシップでチームの勝利に貢献している」という評価と、「OPSの高さでチームの勝利に貢献している」という評価を比べることはできない。そこを明確に区別することが、数字の活用に当たってはまず大事になる。

得点・失点は勝利について考える際の原点


「なぜ勝てるのか」「なぜ勝てないのか」「勝つためにはどうしたらいいのか」の答えを考えるとき、もうひとつ重要なことがある。それは、勝利と要因を、必ず得点や失点を介して結びつけることである。

 これは最初に述べたことの裏返しでもあるが、つまり、得点を増やしたり、失点を減らしたりする働きが、明らかなもののみを対象にして、影響がどれだけあるのかわからない部分を脇に置いて考えるのである。野球は点獲りゲームであり、相手よりも多く点を獲ること以外の方法で、勝利には近づけないからだ。

 そして、そう考えたとき何よりも重要な数字となってくるのが、得点と失点である。チームの状態を知る上で、まず抑えるべき情報ということになる。

このページのトップへ

【次のページ】 得点・失点情報の集め方


【関連記事】
第12回 2015年は、野球観戦を数字で楽しむ【攻撃(得点)編】【データから見る野球の楽しみ方】
第7回 打席での働きを1つの数字で表す【データから見る野球の楽しみ方】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム