第13回 失点少ない巨人とソフトバンク。その理由はどこに? ——2015年は野球観戦を数字で楽しむ[失点編]2015年07月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 一般的な失点のとらえ方
[2] 数字を得やすい三振と四球 〜投手力の責任範囲〜
[3] 巨人とソフトバンクは守備も好調? 〜野手の打球処理〜

巨人とソフトバンクは守備も好調?



 被安打のうちの野手の責任ということができる打球処理は、もう少し把握しやすい。対戦打席の全結果から三振、四死球、本塁打を除き、その数字に占めるアウトになった割合が打球処理の状況をつかむために有用だ。これはNPBが公式に集計している数字で算出できる。

 打球処理の状況をつかむ数字(Defensive Efficiency Ratio)
=(対戦打席-被安打-四死球-奪三振-失策)÷(対戦打席-被本塁打-四死球-奪三振)

 これも巨人やソフトバンクなど失点率の低いチームが優れた数字を出している。阪神やロッテはかなり悪い数字になっている。

 個々の投手では登板時の打球処理に恵まれていない可能性がある投手を挙げている。登場している投手は、バックの守備の影響で防御率などが少し高目に出ているかもしれない。ただし、外野への打球や強いライナー性の打球を多く打たれた結果の可能性もある。評価は丁寧に行いたい。

現在、各チームの失点はどのように生まれているか?



 紹介してきた数字を使って、今年の失点状況をもう一度見てみよう。
 失点率で群を抜いている巨人は、打球管理でもフライを打たれ続けていたということはなさそうだ。多くの要素がプラスに働いた結果が、抜群の失点率を実現したとわかる。失点率で2位の広島が投手の打球管理に支えられている様子も読み取れる。

 ソフトバンクも巨人と同じで、奪った三振、与えた四球の数でリーグをリード。ゴロアウトは少ないが野手のバックアップが効いており、その結果失点を減らしているようだ。楽天の投手成績はどれもよい。野手の守備が若干足かせになっているようだ。最下位ながら失点はリーグで3番目に少ないオリックスは、ゴロアウトが多く獲れている。

 三振や四球の数字に表れる投手の基礎能力、投手の打球管理と野手の打球処理の兼ね合い、失策、そして運や環境要因といった要素で失点をとらえるのは、セイバーメトリクスの世界では主流といっていい手法だ。

 発想の転換が強調されがちなセイバーメトリクスだが、被安打という記録の扱いは改められているものの、天地が引っ繰り返るようなものではないとわかると思う。既存の価値観が踏襲されている部分も多い。 そのため、セイバーメトリクスを用いたからといって、突如評価が変わる選手というのも実はなかなか現れない。それでも注意深く数字を追いかければ、派手ではなくとも、先入観を正してくれる面白い兆候をとらえることができるはずだ。

(文=市川博久+DELTA

このページのトップへ


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第8回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ「今回のドラフトで太い柱となる選手を指名できるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第126回 大谷翔平が史上最速の2億円到達!【Weekly TOP5】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】

プロフィール

DELTA
DELTA
  • 合同会社DELTA
  • 2011年設立。スポーツデータ分析を手がける。代表社員の岡田友輔と、協力関係を結ぶセイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。
    書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1,2,3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクスマガジン1,2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta's Weekly Report』などの媒体を通じ野球界への提言を行っている。
  • 最新刊『セイバーメトリクス・リポート4』を3月27日に発売。

コラム