第2回 山田 正雄  北海道日本ハムファイターズGMに聞く!Vol.22014年10月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]山田GMがみた高校時代の大谷選手の凄味
[2]チームを強くするには、4・5・6位でいい選手を狙っていく
[3]捕手・大野奨太を1位指名した先見力
[4]1日4試合、スカウティングレポート8枚!

チームを強くするには、4・5・6位でいい選手を狙っていく

――守備もいいし足も速いし、そこはスターの要素ですね。大谷選手は早くからアメリカ志向が強いですが、陽選手にしても台湾のマスコミが「陽、メジャーか」みたいな記事を掲載していますから、ポスト陽、ポスト中田、ポスト大谷というのが用意されているんじゃないかと思っているんですが。

山田 いやぁ、そういうことはないんですけど、そういうことは考えていかなきゃだめですよね。

――常々そういうことに対して先回りして考えているような気がするんですよ。

山田 それは考えてもなかなかうまくいかないですよね。でもそれは考えていますね。予定通りいかないこともありますけど。

――若干ダルビッシュの後が遅れたかなと思ったんですけど。「2年続けて下位に低迷する球団じゃない」と本にも書いて。それはこれまでやってきたことがあまりにもすごいので。

山田 去年最下位になりましたけど、最下位になった理由を考えていくと、中田が35試合残して故障しちゃいましたから、ああいうのもあったんですけれども、外国人をうまく入れてドラフトの指名を間違わなければ戦っていけるんじゃないかという計算はありましたね。

――陽選手や中田選手の後継候補には谷口 雄也選手がいるし、石川 慎吾選手もいるし、岡 大海選手も獲っているし、非常に手厚い。

山田 ドラフト1位で獲った渡邉 諒もいますし。

――杉谷 拳士(独占インタビュー:2009年09月28日もいて、ピッチャーが留守になっているかというとそんなこともない。

山田 そうですね。若いのが出てきていますね。

――3位以下の指名も無駄がないというか、配慮が行き届いている感じがします。

山田 たまたまだと思いますが、チームを強くするには、4、5、6位でいい選手を狙っていかなければいけないと、それは常々思っています。

――下位指名では、社会人とか大学のピッチャーがモノになっていますね。谷元選手とか増井選手とか。

山田 武田 勝もそうですね。大学、社会人は下位で獲るのが難しいです。お金の問題もありますので。どこも狙わないような選手じゃないと獲れないです。お金よりもプロに入りたい、そういう選手を狙っていくということなんです。

――今年の新人なら白村 明弘選手がそうですね。

山田 ああいうのが化けてくれるといいですね。

【次のページ】 捕手・大野奨太を1位指名した先見力


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第126回 大谷翔平が史上最速の2億円到達!【Weekly TOP5】
第122回 プレミア12開幕 日本が韓国を破る!【Weekly TOP5】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】

プロフィール

土肥 義弘
山田 正雄(やまだ まさお)
  • 東京都出身
  • 明治高校卒業後、大毎・東京・ロッテに在籍、73年に引退。サラリーマン生活を経たのち、86年に北海道日本ハムスカウトとしてプロ野球の世界に復帰。08年にGM(ゼネラルマネージャー)に就任。

コラム