第2回 山田 正雄  北海道日本ハムファイターズGMに聞く!Vol.22014年10月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]山田GMがみた高校時代の大谷選手の凄味
[2]チームを強くするには、4・5・6位でいい選手を狙っていく
[3]捕手・大野奨太を1位指名した先見力
[4]1日4試合、スカウティングレポート8枚!

捕手・大野奨太を1位指名した先見力

北海道日本ハムファイターズGM 山田 正雄さん

――野手の上位では、08年に大野 奨太選手を1位で指名したのが印象深いです。実力はもちろん1位の選手だと思いますけど、どこも入札では狙わない。ああいう選手を入札するというのがすごいと思いました。

山田 あれはいい戦略でしたね。それから後を見てもいいキャッチャーがアマチュアに少なかったですから。このへんでいいキャッチャーを獲っておかないと大変なことになるというのがあったんです。

――まだ、鶴岡 慎也選手(現ソフトバンク)がレギュラーに定着し切れていなかったですね。あれでキャッチャーが2枚揃って、今はまた必要な時期になってきましたけど。

山田 そうですね。そこはまたちょっと考えていかなきゃいけないと思っています。

――山田さんが参考にしたドラフト、例えば根本 陸夫さんの西武とか80年代の広島カープとかあると思いますけれども、何か手本にされたチームというのはあるんですか?

山田 あまりないんですよ。ただ木庭 教さんとは1、2年一緒にやりましたから、それはいい経験になったと思います。広島を強くした人ですから。

――木庭さんは主にどんなようなことをおっしゃったんですか。

山田 チームを作るには高校生のいいのを獲らなきゃだめだと。高校生が狙い目だと言っていました。じゃあ、高校生が出てくる確率はどうなのかと、そこが難しいところなんです。高校生が出てくるためには何が必要であるかということをよく教えてくれました。

――ファームの構築が大事だということですか。

山田 そうなんですけど、スカウトとしてはファームのことはあまり考えずに、その選手がどういうふうに伸びていくかということだけをまず考えるんです。

【次のページ】 1日4試合、スカウティングレポート8枚!


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第126回 大谷翔平が史上最速の2億円到達!【Weekly TOP5】
第122回 プレミア12開幕 日本が韓国を破る!【Weekly TOP5】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】

プロフィール

土肥 義弘
山田 正雄(やまだ まさお)
  • 東京都出身
  • 明治高校卒業後、大毎・東京・ロッテに在籍、73年に引退。サラリーマン生活を経たのち、86年に北海道日本ハムスカウトとしてプロ野球の世界に復帰。08年にGM(ゼネラルマネージャー)に就任。

コラム