第1回 【ドラフト総括】東京ヤクルトスワローズ編2014年11月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

【目次】
[1] 補強ポイントは投手力!計5人を指名!
[2] 大型捕手・山川晃司の指名はヤクルトにとってはタイムリー

東京ヤクルトスワローズ 指名選手一覧

順位 名前 高校
1位 竹下 真吾 ヤマハ
2位 風張 蓮 東農大北海道オホーツク
3位 山川 晃司 福岡工大城東
4位 寺田 哲也 香川オリーブガイナーズ
5位 中元 勇作 伯和ビクトリーズ
6位 土肥 寛昌 Honda鈴鹿
7位 原 泉 第一工業大
育成選手 1位 中島 彰吾 福岡大
 

補強ポイントは投手力!計5人を指名!

竹下真吾(ヤマハ)

 二季連続最下位に終わった東京ヤクルト。補強ポイントは投手だ。防御率4.62で、1位の巨人は防御率3.58なのだから1点台も違うことになる。
さらにいえば失点の差が大きい。巨人の552失点に対し、ヤクルトは717失点。165点差もある。

 昨年最多勝の小川 泰弘、またエースの館山が故障で離脱。けが人が続き、ここ数年続き、巨人、阪神などの上位チームと戦う土俵に立っていなかったというのが現在のヤクルトだ。戦力差を埋めるにはやはりドラフトしかない。

 今回のドラフトで、ドラフト1位は竹下 真吾ヤマハ)、2位は風張 蓮(東農大オホーツク)と右、左の好投手の指名に成功したのは大きい。

 竹下は最速148キロ左腕という触れ込みだが、打ち難さをウリにした左腕だ。角度ある140キロ~145キロ前後の速球には魅力があり、さらにキレのある変化球を投げる。マウンド度胸も強く、東京ヤクルトの投手陣でもすぐに即戦力として期待出来る選手だろう。中継ぎでも、先発でも、適正があり、大きな戦力となるだろう。

 風張はこの1年で急成長をした大型右腕。最速150キロを超える速球に加え、落差のある変化球を交えた投球が魅力だ。秋には竹下は左の中継ぎ、風張は右の先発候補として期待したい逸材だろう。

このページのトップへ

【次のページ】 大型捕手・山川晃司の指名はヤクルトにとってはタイムリー


【関連記事】
第120回 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!【Weekly TOP5】
第119回 金本知憲氏が阪神監督就任を受諾!【Weekly TOP5】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第92回 MLB最強クローザー・キンブレルがトレードでパドレスへ移籍!【Weekly TOP5】
第4回 【明治神宮大会】1回戦 東農大北海道vs京都産業大 「風張、井口、玉井の必勝リレーで神宮大会初勝利」【大学野球の逸材発掘レポート】
寺田 哲也(作新学院) 【選手名鑑】
山川 晃司(福岡工大城東) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム