第2回 【ドラフト総括】横浜DeNAベイスターズ編2014年11月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

【目次】
[1] 1位の山崎康、3位の倉本は即戦力として大いに期待
[2] 飯塚悟史はここ5年でベイスターズ入りした高卒右腕ではトップの完成度

横浜DeNAベイスターズ 指名選手一覧

順位 名前 高校
1位  山﨑 康晃 亜細亜大
2位  石田 健大 法政大
3位  倉本 寿彦 日本新薬
4位  福地 元春 三菱日立パワーシステムズ横浜
5位  山下 幸輝 國學院大
6位  百瀬 大騎 松本第一
7位  飯塚 悟史 日本文理
育成選手1位 亀井 塔生 日星
 

1位の山崎康、3位の倉本は即戦力として大いに期待

倉本寿彦と山崎康晃

 今年は5位に終わったとはいえ、昨年の勝率.448から勝率.472と改善。さらには月間MVPで投手部門を4度受賞し、大きく躍進を見せた横浜DeNAベイスターズ。来年CS進出争いをするためにも、今年のドラフトは非常に重要になる。

 今年のベイスターズの補強ポイントを上げると「先発左腕不足」「即戦力投手の獲得」「遊撃手の獲得」の3点であった。
そのため1位は外れたとはいえ、先発ローテーション入りが期待できる有原 航平(早稲田大)に挑戦したのは良い選択肢であった。

 外れ1位で山﨑 康晃(亜細亜大)の指名に成功。山崎は先発・抑えをこなせる投手で、抑え投手としての適性が高い。現在、横浜DeNAのクローザーは三上 朋也だが、山崎もセットアッパークラスの役割を任されることになるだろう。
横浜DeNAの右の中継ぎは、52試合登板の長田 秀一郎、49試合登板の国吉 佑樹の2人が奮闘したが、ここに山崎が入るようになるとさらに中継ぎ陣に厚みが出る。

 左の先発候補として2位に石田 健大(法政大)を指名。しかしこの秋は1勝6敗と厳しい内容。内容面から即戦力としては厳しく、1年目は本来の石田の投球を取り戻すことがテーマになりそうだ。石田をプロの先発投手としてどう育てていくか注目をしていきたい。

 ドラフト3位では遊撃手の倉本 寿彦日本新薬)を指名。倉本は大学時代から堅実な守備、強肩が光る遊撃手だったが、打撃力が弱く指名には至らなかった。だがこの2年で打撃が急成長。強打の遊撃手としてランクアップした。

 今年の横浜DeNAの遊撃手で最多出場は山崎 憲晴の102試合。打撃成績を見ると、打率.239、2本塁打、20打点、38犠打と、2番打者として活躍を見せているが、やはり競争相手となる遊撃手の存在が必要だ。そこで倉本が打てる内野手として存在感を示すことが出来れば、一気に山崎憲からレギュラーポジションを奪い取ることも可能であり、横浜DeNAにとって大きな存在になるだろう。

このページのトップへ

【次のページ】 飯塚悟史はここ5年でベイスターズ入りした高卒右腕ではトップの完成度


【関連記事】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第1回 一番高卒プロを輩出している学校はどこだ?【知って得するドラフト豆知識!】
第3回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第111回 山田哲人(東京ヤクルト)が4打数連続本塁打!【Weekly TOP5】
第106回 事実上の決勝戦!大阪桐蔭vs履正社の試合は大熱狂!【Weekly TOP5】
飯塚 悟史(日本文理) 【選手名鑑】
石田 健大(飯塚) 【選手名鑑】
石田 健大(広島工) 【選手名鑑】
百瀬 大騎(松本第一) 【選手名鑑】
山﨑 康晃(帝京) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム