第3回 【ドラフト総括】中日ドラゴンズ編2014年11月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

【目次】
[1] 将来性の高い野村亮介を単独指名
[2] 友永、井領、石川と即戦力として期待したい社会人野手たち
[3] 8位ながらも即戦力として期待したい山本雅士
[4] 危機感を持たせる今年のドラフト

中日ドラゴンズ 指名選手一覧

名前 高校
1位 野村 亮介 三菱日立パワーシステムズ横浜
2位 浜田 智博 九州産業大
3位 友永 翔太 日本通運
4位 石川 駿 JX-ENEOS
5位 加藤 匠馬 青山学院大
6位 井領 雅貴 JX-ENEOS
7位 遠藤 一星 東京ガス
8位 山本 雅士 徳島インディゴソックス
9位 金子 丈 大商大
※育成選手1位 佐藤 雄偉知 東海大相模
育成選手2位 石垣 幸大 いなべ総合
育成選手3位 藤吉 優 秀岳館
育成選手4位 近藤 弘基 名城大
 

※ 育成枠1位の佐藤投手は中日が交渉権を放棄したため、今年は入団しない。

将来性の高い野村亮介を単独指名

エース候補として期待がかかる濱田達郎とドラフト1位の野村亮介

 2年連続でBクラスに終わった中日。落合GMの下、15人が戦力外通告を受けた。一見すると、見切りが早い、冷酷という印象を与える。ただ低迷が続いたチームが上向くために、血の色を変えようと人員整理するのはある意味、当然だ。

 かつて、星野 仙一氏が阪神の監督時代、4位に終わった2002年のオフに大きく人員整理をしたことがあった。その翌年に阪神は1985年以来のリーグ優勝を果たすのだが、今回もまさにチームそのものを入れ替えるような指名だったといえる。

 今回の人員整理はチームの体質を変えるために、落合色に適応できる選手を選んだ。

 まず中日の最優先補強ポイントは投手。規定投球回を達成したのが大野 雄大と山井 大介のみ、今年もエースの吉見が3試合登板に終わった。高卒2年目の濱田 達郎が台頭したが、それも心許ない。

 1位で野村 亮介三菱日立パワーシステムズ横浜)を指名出来たのは非常に大きい。野村は140キロ後半の速球に加え、スライダー、フォーク、カーブと多彩な変化球を投げ分ける。1年目から即戦力として活躍出来る投手であるかは疑問が残るが、いずれは先発ローテーション入りも期待できる素材で、まだ21歳と言う若さが良い。

 山井も、先発ローテーション入りとして1人前になるまで長く時間がかかり、大野も先発ローテーション入りしたのは昨年の3年目から。1位として指名したことは、最も期待している表れであり、彼が大成するまで我慢強く育てていくことだろう。

このページのトップへ

【次のページ】 友永、井領、石川と即戦力として期待したい社会人野手たち


【関連記事】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「即戦力投手の誘惑を断ち切ることができるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第3回 【プレミア12特別企画】 優勝投手・大塚 晶文氏が振り返る「第1回ワールド・ベースボール・クラシック」(後編)【侍ジャパン 世界一への道】
第2回 【プレミア12特別企画】 優勝投手・大塚 晶文氏が振り返る「第1回ワールド・ベースボール・クラシック」(前編)【侍ジャパン 世界一への道】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第3回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編【小関順二のプロ野球ドラフト分析2014】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム