第3回 【ドラフト総括】中日ドラゴンズ編2014年11月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 将来性の高い野村亮介を単独指名
[2] 友永、井領、石川と即戦力として期待したい社会人野手たち
[3] 8位ながらも即戦力として期待したい山本雅士
[4] 危機感を持たせる今年のドラフト

友永、井領、石川と即戦力として期待したい社会人野手たち

友永翔太(日本通運)

 2位の浜田 智博(九州産業大)は、独特なフォームの投球で非常に打ち難く、初見では簡単には打ち崩せない。スタミナもある投手だが、こういう投手は左のワンポイントとして見出したほうが面白い。今年限りで引退した小林 正人の後継者として期待したい投手だ。

 3位の友永 翔太日本通運)は、高校時代の姓が内田で、大田 泰志と一緒にプレーしており、彼は1番サードだった。観察力のある走塁技術はあの代の東海大相模ではピカイチ。ミート力のある打撃も魅力で、その後の活躍が気になった選手であった。

 その彼が友永の姓でプレーしていると気付いたのはつい最近のことである。打撃の完成度は高く、本塁打を打つパンチ力もある。それでいて、相手の隙を突く走塁の巧さがあり、そして守備範囲の広い外野守備も魅力。
落合GMは監督時代、緻密な野球を標榜し、実績を残した。それだけに友永の野球センスの高さを高く評価しているのではないだろうか。

 4位の石川 駿JX-ENEOS)はパンチ力ある右打者。この手のタイプの右打者では、中村 奨吾(早稲田大)に次ぐ評価を受けていた選手で、ドラゴンズにはなかなかいないタイプの選手。

 5位の加藤 匠馬(青学大)の持ち味は肩。塁間1.8秒~1.9秒台をコンスタントに叩き出す肩の強さは必見だ。
だが課題は打撃で、東都一部で規定打席に到達しての3割越えは1回もない。プロで活躍出来る捕手は一定以上の打撃が必要で、打撃の強化をしなければならない立場ではあるものの、加藤に関しては守備ならば全幅の信頼を置ける選手を目指していく方向性を見出してほしい。

 6位の井領 雅貴JX-ENEOS)は社会人の選手の中でも走攻守のスキルの高さはトップクラス。中日の外野手は平田 良介、大島 洋平、和田 一浩と固まりつつあるが、数年後を見据え、また3人のバックアップのために、井領を指名したのは大きい。

このページのトップへ


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

【次のページ】 8位ながらも即戦力として期待したい山本雅士


【関連記事】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「即戦力投手の誘惑を断ち切ることができるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第3回 【プレミア12特別企画】 優勝投手・大塚 晶文氏が振り返る「第1回ワールド・ベースボール・クラシック」(後編)【侍ジャパン 世界一への道】
第2回 【プレミア12特別企画】 優勝投手・大塚 晶文氏が振り返る「第1回ワールド・ベースボール・クラシック」(前編)【侍ジャパン 世界一への道】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第3回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編【小関順二のプロ野球ドラフト分析2014】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム