第7回 【ドラフト総括】東北楽天ゴールデンイーグルス編2014年11月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 安樂智大はどう育てるべきか?
[2] スラッガー候補・ルシアノ・フェルナンドなど有望株揃い!
[3] 加藤、伊東の社会人コンビの活躍にも期待

スラッガー候補・ルシアノ・フェルナンドなど有望株揃い!

 2位の小野 郁西日本短大附)は最速153キロを誇る速球派で、好調時のストレートはまさに一級品。小野の良さはスイッチの入れ替えができること。ここぞという場面でスイッチが入り、投球では150キロ級の速球を披露。打撃ではオーバーフェンスの打撃を見せる。投打のセンスの高さを買って、二刀流構想を掲げているようだが、恐らくリップサービスに終わるだろう。

 東北楽天は、打者は全体的に足りている上に、小野を打者に回すほどには投手陣の余裕はない。来年になれば、投手に専念することになるだろう。しっかりとスイッチを入れることができる投手なので、クローザーとして育てる構想もありだと思う。

 3位の福田 将儀(中央大)は今年にかけて評価を急上昇させた外野手。この秋のリーグ戦ではリーグ最多の20安打を記録。この選手の武器はバットコントロールの高さと俊足である。3位で指名するということは、東北楽天が相当彼の能力を買っていたと考えられる。実戦向きの選手なので、いかに早く、プロの舞台に溶け込めるかが勝負。1年目から結果を残し、生き残っていきたいところだろう。

ルシアノ・フェルナンド(白鷗大)

 4位のルシアノ・フェルナンド(白鷗大)は空振り三振を恐れないフルスイングが魅力。ただ力任せに振るだけではなく、投手に応じてタイミングの取り方を変える工夫もしている。

 将来的には打率.250~打率.280、15本塁打~20本塁打を期待したい選手。完全に打撃オンリーの選手。持ち味である強打を伸ばし、2年目以降の台頭を期待したい。

 5位の入野 貴大徳島インディゴソックスインタビューは、16勝3敗と圧倒的な成績を残し、さらに、群馬とのチャンピオンシップでは2勝を挙げ、独立リーグ日本一に貢献した。

 普段は140キロ~145キロぐらいだが、クリーンナップに対しては、140キロ後半の速球で押し、落差が鋭いフォークで三振を狙う配球を見せる投手。
これまで独立リーグの投手はストレートが速い投手が目立つ傾向にあったが、入野の場合、変化球のキレ味の鋭さが光る右腕。1年目から中継ぎなどのポジションで活躍する可能性はあるだろう。


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

このページのトップへ

【次のページ】 加藤、伊東の社会人コンビの活躍にも期待


【関連記事】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第2回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第86回 今年の18Uワールドカップは8月28日に開幕!【Weekly TOP5】
第2回 東北楽天4位のルシアノ・フェルナンド(白鴎大)の思考力、東海大を抑えた大出翔一の投球に迫る【スカウト部長のドラフト通信】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
入野 貴大(岡豊) 【選手名鑑】
小野 郁(西日本短大附) 【選手名鑑】
福田 将儀(習志野) 【選手名鑑】
八百板 卓丸(聖光学院) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム