第10回 【ドラフト総括】北海道日本ハムファイターズ編2014年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

【目次】
[1] 有原航平をどう育てるべきか?
[2] 2位清水、3位浅間、4位石川、6位立田とポテンシャルの高い高校生が勢揃い!
[3] 高濱祐仁をスラッガーとして育てることが出来るか?

北海道日本ハムファイターズ 指名選手一覧

順位 名前 高校
1位 有原 航平 早稲田大
2位 清水 優心 九州国際大付
3位 浅間 大基 横浜
4位 石川 直也 山形中央
5位 瀬川 隼郎 室蘭シャークス
6位 立田 将太 大和広陵
7位 高濱 祐仁 横浜
8位 太田 賢吾 川越工
9位 佐藤 正尭 愛知啓成
 

有原航平をどう育てるべきか?

即戦力として期待がかかる有原航平。
だが夏に痛めた肘が懸念材料。

 今年のドラフトの目玉は有原 航平で、どの球団が有原との交渉権を掴むかであった。有原は4球団が競合した末、北海道日本ハムが交渉権を掴んだ。
気になるのは、北海道日本ハムが1年目の有原をどう扱うか。有原の能力からすれば、1年目から先発ローテーションに入っていてもおかしくない。だが懸念材料はこの夏痛めた右ひじである。

 リーグ戦では4試合を投げて防御率3.32と本来の出来ではなかった。完全に治ったとは言い難く、リーグ戦よりもハードなペナントレースで、1年間持つかどうか、かなり不安なところである。

 有原に対しては、慎重に様子を見ながら、完治したところでローテーション入りし、2年目から1年間ローテーションを守る。その道筋の方が、有原にとっても、球団にとっても良いと考える。
復活すれば、常時150キロ台の速球に加え、多彩な変化球をコンビネーションにする投球は、プロの世界でも一流のレベルに入るだろう。

 現在、二刀流で活躍している大谷 翔平も、登板間隔はしっかりと空けるなど、大きな負担をかけることなく登板をさせていった結果、右肩上がりに成長を遂げていっただけに、北海道日本ハムは有原をどう育てていくか、しっかりとプランを考えていることだろう。

このページのトップへ


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

【次のページ】 2位清水、3位浅間、4位石川、6位立田とポテンシャルの高い高校生が勢揃い!


【関連記事】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第2回 最もプロへ人材を送り込んでいる大学はどこだ!【知って得するドラフト豆知識!】
第1回 一番高卒プロを輩出している学校はどこだ?【知って得するドラフト豆知識!】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第116回 東京ヤクルトにマジック3が点灯!【Weekly TOP5】
浅間 大基(横浜) 【選手名鑑】
有原 航平(広陵) 【選手名鑑】
石川 直也(山形中央) 【選手名鑑】
太田 賢吾(川越工) 【選手名鑑】
佐藤 正尭(愛知啓成) 【選手名鑑】
清水 優心(九州国際大付) 【選手名鑑】
高濱 祐仁(横浜) 【選手名鑑】
立田 将太(大和広陵) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム