第12回 【ドラフト総括】福岡ソフトバンクホークス編2014年11月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロ野球ドラフト会議2014特設サイト
 

【目次】
[1] 松本裕樹(盛岡大附)を3年がかりで大成を
[2] 即戦力ではないものの、将来性の高さが光る本指名者
[3] 幸山、斎藤、山下の育成枠上位指名者に期待

福岡ソフトバンクホークス 指名選手一覧

順位 名前 高校
1位  松本 裕樹 盛岡大附
2位  栗原 陵矢 春江工
3位  古沢 勝吾 九州国際大付
4位  笠谷 俊介 大分商
5位  島袋 洋奨 中央大
育成選手1位  幸山 一大 富山第一
育成選手2位  齋藤 誠哉 磐田東
育成選手3位  山下 亜文 小松大谷
育成選手4位  堀内 汰門 山村国際
育成選手5位  柿木 映二 柳川
育成選手6位  金子 将太 大間々
育成選手7位  河野 大樹 NOMOベースボールクラブ
育成選手8位  中村 恵吾 富山サンダーバーズ
 

松本 裕樹(盛岡大附)を3年がかりで大成を

ドラフト1位の松本裕樹(盛岡大附)
肘を直し、しっかりと育てていきたい

 3年ぶりの日本一を果たした福岡ソフトバンク。打線の破壊力、人材の豊富さと言う点では日本一で、即戦力の野手を補強する必要性はない。
どちらかというと投手力がやや弱いので、投手が補強ポイントになる。ただ福岡ソフトバンクは、一軍にも二軍にも、素質が高い投手が揃っているので、即戦力投手を補強する必要性はそれほどないだろう。ポテンシャルが高く、将来性が高い高校生投手が1位に指名されそうだった。

 そして実際に1位で指名したのが松本 裕樹盛岡大附)だ。投打ともに高いセンスを見せる松本。夏の甲子園東海大相模戦(試合レポート)で、肘を痛めながらも、スライダーを両サイドに駆使しながら抑えたように、要所で相手の弱点を徹底的に突く投球術がウリで、被安打が多くあまりよくないように見えても、ここ一番のツボを心得ている。

 夏に痛めた肘が懸念材料だが、ソフトバンクは三軍制で、育成機関がしっかりしていて、ソフトバンク入りした投手は全体的に球速が上がりやすい傾向にある。まずは二軍でしっかりと心身ともに鍛え上げ、高卒3年目にデビューできる準備をしていきたい。


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

このページのトップへ

【次のページ】 即戦力ではないものの、将来性の高さが光る本指名者


【関連記事】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス「競争心を煽らせるために即戦力投手の指名を!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第1回 一番高卒プロを輩出している学校はどこだ?【知って得するドラフト豆知識!】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第30回 巨人OBの松井秀喜氏が春季キャンプの臨時コーチ就任決定!【Weekly TOP5】
柿木 映二(柳川) 【選手名鑑】
笠谷 俊介(大分商) 【選手名鑑】
金子 将太(大間々) 【選手名鑑】
栗原 陵矢(春江工) 【選手名鑑】
幸山 一大(富山第一) 【選手名鑑】
齋藤 誠哉(磐田東) 【選手名鑑】
島袋 洋奨(興南) 【選手名鑑】
古沢 勝吾(九州国際大付) 【選手名鑑】
堀内 汰門(山村国際) 【選手名鑑】
松本 裕樹(盛岡大附) 【選手名鑑】
山下 亜文(小松大谷) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム