第2回 【明治神宮大会】1回戦 中部学院大vs九州産業大「セ・リーグ指名者同士の前哨戦」2014年11月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] ドラフト指名者同士の対決は野間が勝利の結果に
[2] 相手投手の球種、フォームでは惑わされない思考が野間の対応力の高さを支えている


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

ドラフト指名者同士の対決は野間が勝利の結果に

浜田智博(九州産業大)

 この試合はドラフト指名対決となった。

 九州産業大の先発は、浜田 智博(4年・宮崎工・中日ドラフト2位指名)は右腕のグラブを高々と上げて、テークバックを大きく取り、出どころを隠しながら投げる変則的なフォームが特徴である。

 ストレートは常時135キロ~140キロ前後だが、微妙に揺れ動く球が、両サイドにズバズバと決まるので、かなり打ち難さを感じさせる。曲がりが鋭い120キロ前後のスライダー、縦に鋭く曲がるスライダーを交え、低めに突く投球。スタメン中、左打者8人の中部学院大打線はなかなか捉えることができなかった。

 しっかりと低めに集まる140キロ前後のストレートはプロでも通用するだろう。浜田自身も「低めを武器にしていきたい」と話した。

 だがこの濱田に対して、しっかりとらえることができていたのが、広島からドラフト1位指名を受けた野間 峻祥だ。

 第1打席は二塁内野安打、第2打席も二塁内野安打、第3打席も中前安打となんと3打数3安打の大活躍である。野間のバットコントロールは実に素晴らしい。

 スクエアスタンスで、しっかりと腰が据わり、バランス良く構えた姿はまさに好打者。そしてトップからインパクトまでスムーズに振り抜く技術の高さは大学生トップクラスだ。

 とはいえ、打ち難さと言う点では、大学生屈指の左腕である。浜田によるとすべてスライダーを打ち返されたという。打ったコースを見るといずれも低め。簡単には打てないと思うが、それをモノともしない対応力の高さ。まず野間はどう感じていたのか。

このページのトップへ

第45回記念明治神宮野球大会

【次のページ】 相手投手の球種、フォームでは惑わされない思考が野間の対応力の高さを支えている


【関連記事】
第93回 大谷翔平が今季初完封で4連勝!【Weekly TOP5】
第11回 【明治神宮大会】まだまだいるぞ!神宮大会で光った逸材を紹介!【大学野球の逸材発掘レポート】
第5回 【明治神宮大会】準々決勝 駒澤大vs中部学院大 「長所を見せながらも課題を残した3人の逸材たち」【大学野球の逸材発掘レポート】
浜田 智博(宮崎工) 【選手名鑑】

中部学院大 4-2 九州産業大

123456789 10
中部学院大000000100 34
九州産業大000100000 12

中部学院大:齋藤、床田、上野-井上、山戸
九州産業大:浜田、高良、井手、草場-米良
本塁打:森松(九)

コメントを投稿する

コラム