第4回 【明治神宮大会】1回戦 東農大北海道vs京都産業大 「風張、井口、玉井の必勝リレーで神宮大会初勝利」2014年11月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 風張の後を投げた井口の力投
[2] 玉井大翔の快投で、ついに全国初勝利!


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

風張の後を投げた井口の力投

2回から登板した井口和朋(東農大北海道オホーツク)。中盤まで試合を作った。

 誰もが故障なのか?と疑ったのではないだろうか。
東京ヤクルト2位から指名されたエース・風張 蓮(4年・伊保内)が先発し、1回に2安打を打たれながらも、無失点。2回の表、マウンドに登ったのは、井口 和朋(3年・武相)だった。

 代えた理由を東農大北海道オホーツクの樋越監督が説明する。
「故障ではないです。ただ相手がしっかりと風張を対策をして、速球を振り抜いていること。全国舞台では、先制されたらずるずるといくとなかなか取り返すのが難しく、本来の風張のボールではなかったので、交代を決断しました」

 全国大会は試合の流れによっては、一気に試合展開が決まってしまう。風張の調子は本来のモノではなく、不安があったということで、1回でも交代を決断した。

 対して、井口には先発として投げるつもりで、調整の指示をしていたようだ。マウンドに登った井口は好投。177センチ73キロと投手として上背がある投手ではないが、右スリークォーターから投げ込む直球は常時135キロ~140キロ中盤(最速145キロ)を計測。

 威力ある直球を投げ込む投手で、2回一死二塁から5者連続三振を奪った投球は圧巻だった。

 変化球のキレ味も高く、スライダー、チェンジアップ、カーブもテンポ良く決まり、来年のドラフト候補と期待出来る勢いであった。
だが4イニング目である5回からボールの勢いが135キロ前後と落ちて、二死満塁のピンチを招いたところで、抑えのエースとして大きく信頼されている玉井大翔(4年・旭川実)が登板する。

第45回記念明治神宮野球大会

このページのトップへ

【次のページ】 玉井大翔の快投で、ついに全国初勝利!


【関連記事】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第14回 【ドラフト総括】スター選手の指名続々 時代の変わり目を感じさせる2015年ドラフト【ドラフト特集】
第11回 【2015年 大学生投手編】将来の主力候補が揃った大学生投手をピックアップ!【ドラフト特集】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第11回 【明治神宮大会】まだまだいるぞ!神宮大会で光った逸材を紹介!【大学野球の逸材発掘レポート】
井口 和朋(武相) 【選手名鑑】
福原 健太(今治西) 【選手名鑑】

東農大北海道 3-0 京都産業大

123456789
京都産業大0000000000
東農大北海道00010002X3

京都産業大:津田、尾嶋-山﨑
東農大北海道:風張、井口、玉井-池沢
三塁打:福原(東)
二塁打:安藤(東)、岩永(京)

コメントを投稿する

コラム