第6回 【明治神宮大会】準々決勝 創価大vs関西大「創価・小松、関大・石田の見応えある投手戦に」2014年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 小川泰弘の姿を見て、投手としての技術を磨いた小松貴志
[2] 石田も間合いを意識した投球で、創価大打線を封じ、投手戦へ
[3] 球場の空気を一変させた田中正義の剛速球


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

小川泰弘の姿を見て、投手としての技術を磨いた小松貴志

好投を見せる小松貴志(創価大)

 第4試合はタイブレークまで及び、とても緊張感のある好試合となり、3投手の内容が光った。

 創価大・小松貴志(3年・創価)は、この春から主戦投手として活躍し、大学選手権ベスト4に導いた。174センチ78キロ。体格的にも現在、ヤクルトで活躍する先輩投手・小川 泰弘(171センチ80キロ)と変わりない。

 小川のような独特の足上げをするわけではないが、140キロ前後(最速142キロ)ながらも、コントロールが優れ、糸を引くように伸びるストレート。スライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップ、スプリットと多彩な変化球を投げ分ける。

 両サイドにストレートを自在に投げ分け、また縦の変化、横の変化を使い、さらには緩急も使って、タイミングを外す投球。さらに打者を見ながら間合いを変えたり、ボール球からストライクに入る組み立てをする姿を見ると、まるで小川を踏襲した投球だ。

 小川は140キロ後半の速球を投げる投手だが、彼の良さは間合いが優れていたり、打者との駆け引きの部分である。体格に恵まれない分、小松は小川と同じく、駆け引きを大事にした投手だ。

 小松は「小川さんとは1年だけ一緒にやらせていただきましたが、投球術、投手としての心構えなどいろいろなことを学ばさせていただきました」と振り返るように創価大に進学してから大きく素質を伸ばした。
意図した通りの投球が出来ているのは、フォーム技術が改善されたことが大きい。高校時代の小松はテークバックが大きく、ダイナミックなフォームから投げ込んでいたが、下半身が細く、前へ突っ込んだフォームとなってしまい、ボールが高めに浮くことが多かった。今では左足を上げた後、踏み込んだ左足が開かずに、テークバックも大きく取りながらも開きを抑えた実戦的なフォームに改良することが出来ていた。

 小川は関大打線を抑えこみ、スコアボールに0を重ねる。

第45回記念明治神宮野球大会

このページのトップへ

【次のページ】 石田も間合いを意識した投球で、創価大打線を封じ、投手戦へ


【関連記事】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節3回戦) 「関大 連日の接戦制し勝ち点2」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節2回戦) 「エースの一打で連敗脱出!」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節2回戦) 「関大 石田のサヨナラ打で劇的勝利」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】同志社大学vs関西大学(第4節1回戦) 「同志社 関大に先勝 エースに初白星」【大学野球レポート】
第9回 【明治神宮大会】準決勝 駒澤大vs東農大北海道「東農大北海道の勢いと駒大の絶対的な投打の柱」【大学野球の逸材発掘レポート】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】

創価大 2-1 関西大

12345678910
関西大00000001001
創価大0000000101X2

関西大:石田-久米
創価大:小松、田中-寺嶋
二塁打:藤嶋(関)、寺嶋(創)

コメントを投稿する

コラム