第6回 【明治神宮大会】準々決勝 創価大vs関西大「創価・小松、関大・石田の見応えある投手戦に」2014年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 小川泰弘の姿を見て、投手としての技術を磨いた小松貴志
[2] 石田も間合いを意識した投球で、創価大打線を封じ、投手戦へ
[3] 球場の空気を一変させた田中正義の剛速球


プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

石田も間合いを意識した投球で、創価大打線を封じ、投手戦へ

慎重な投球で創価大打線を抑える石田光宏(関西大)

 一方、関西大の先発・石田 光宏(3年・近江)も素晴らしい出来であった。右スリークォーターから投げ込む直球は常時135キロ~145キロを計測。立ち上がりは135キロほどだったが、回を追うごとに球速を上げていき、常時140キロ台を叩き出すようになった。石田は小松ほどの球種はないが、横に滑るスライダー、フォーク気味に落ちるツーシームが効果的。

 両サイドを丹念に突いて間合いを変えながら投球を組み立てるなど、工夫しながら投球をしていた。石田は創価大が富士大の多和田 真三郎を打ち込む姿(試合レポート)を見て、より慎重な投球をしなければならないと感じたという。

「多和田投手はストレートが素晴らしいのですが、よくよく見るとシュート回転して甘く入ることが多かった。自分はそうならないように、両サイドを投げ分け、相手の間合いにさせないことを意識しました」
単調ならずに投球をすることが出来ており、ピンチの場面でも投げ急ぎすることなく、投球をすることが出来ていた。

 投手戦となったこの試合。均衡が破れたのは8回表、関西大が1番山口晃平(4年・東福岡)の適時打で先制すると、創価大はその裏、小松の代打・野倉 大南(4年・創価)の適時打で同点に追いつく展開で、がっぷり4つの展開となった。

第45回記念明治神宮野球大会

このページのトップへ

【次のページ】 球場の空気を一変させた田中正義の剛速球


【関連記事】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節3回戦) 「関大 連日の接戦制し勝ち点2」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節2回戦) 「エースの一打で連敗脱出!」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節2回戦) 「関大 石田のサヨナラ打で劇的勝利」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟春季リーグ戦】同志社大学vs関西大学(第4節1回戦) 「同志社 関大に先勝 エースに初白星」【大学野球レポート】
第9回 【明治神宮大会】準決勝 駒澤大vs東農大北海道「東農大北海道の勢いと駒大の絶対的な投打の柱」【大学野球の逸材発掘レポート】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】

創価大 2-1 関西大

12345678910
関西大00000001001
創価大0000000101X2

関西大:石田-久米
創価大:小松、田中-寺嶋
二塁打:藤嶋(関)、寺嶋(創)

コメントを投稿する

コラム