【第46回明治神宮大会】早稲田大vs上武大 「小島和哉が1年生左腕同士の投げ合いを制する!」2015年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小島和哉が1年生左腕同士の投げ合いを制する!

小島和哉(早稲田大)

 1年生左腕の対決は見応えある投手対決となった。小島 和哉浦和学院)は、常時135キロ~142キロ前後の速球をとにかく外角中心に投げ分ける投球。その合間にスライダー、チェンジアップを低めに投げる投球。この配球の意図を小島は「やはり上武大さんは粘り強さやしぶとさがあるチームなので、そういうチームに抑えるには1人1人ずつ打ち取ることを意識していました」
 高校時代は厳しいマウンドを経験している小島。高校よりハイレベルな東京六大学野球で揉まれながら、少しずつ実力を高めてきた。高校時代よりも格段に球威が上がり、春と比べるとボールゾーンへ高めへ浮くことも少なくなっており、打者に応じて弱点を徹底的につく投球を披露。本人は立ち上がり、かなり緊張していたようだが、だんだん試合の雰囲気に慣れてくると、腕が鋭く振れるようになり、球威も出てきた。上武大は何とか走者を出したいところだが、なかなか走者を出すことができない。唯一の反撃は4番中(4年)の本塁打のみ。その後、8回に被安打を浴びるが、危なげなく凌ぎ、最後の9回。
 小島にとっては一番気を付けていたイニング。全力投球で投げ込み、粘る上武大打線を抑え、1失点完投勝利。春に続いて、秋も決勝進出を果たした。

 今季、3勝0敗、防御率2.40と安定した成績を残し、1年生としてはこれ以上ない結果だが、完投がないのが気がかりだった。だが全国の舞台で完投勝利。
「少しは自信になったと思います」と手応えを感じている様子だった。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
上武大0000100001
早稲田大10010000×2

上武大:寺沢、宮川-吉田
早稲田大:小島-道端
本塁打:中(上)丸子(早)

【次のページ】 【第46回明治神宮大会】早稲田大vs上武大 「小島和哉が1年生左腕同士の投げ合いを制する!」(2)


【関連記事】
第158回 【第47回明治神宮大会】明治大vs桜美林 「星知弥の投打にわたる『救援』で明治大が優勝!」【大学野球レポート】
第157回 【第47回明治神宮大会】桜美林大vs日本大 「佐々木抜きでも日大を破った桜美林の打力の高さとリリーフ陣の充実さ」【大学野球レポート】
第156回 【第47回明治神宮大会】明治大vs上武大 「柳・星の継投リレーで上武大打線を完封!」【大学野球レポート】
第155回 【第47回明治神宮大会】桜美林大vs環太平洋大 「千葉ロッテ1位指名の佐々木、8回一死までノーヒットノーランの快投 」【大学野球レポート】
第154回 【第47回明治神宮大会】日本大vs東海大北海道 「京田、ドラフト指名対決を制する二塁打!」【大学野球レポート】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム