第152回 【第47回明治神宮大会】明治大vs関西大 「明治大が4対1で関西大を下し、準決勝進出を果たす!」2016年11月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

明治大が4対1で関西大を下し、準決勝進出を果たす!

3番・佐野 恵太(明治大)

 明治大対関西大の一戦は4対1で明治大が関西大を下し準決勝へ駒を進めた。

 明治大は初回から関西大の先発・吉川 峻平を攻略していく。二死ランナー無しから3番佐野 恵太がセンターの前に落ちるポテンヒットで一気に二塁まで陥れると、4番牛島 将太がレフトの頭上を越すツーベースタイムリーで先制点を挙げていく。また3回にはツーアウト三塁のチャンスで3番佐野がライトスタンドに飛び込むホームランで2点を追加、さらに二死一塁の場面で5番川口 貴都がライト線へのスリーベースタイムリーで1点を追加。序盤で4対0とし完全に明治大のクリンナップは吉川を攻略した。

 投げては明治大の先発・柳 裕也が5回を投げて被安打4の無失点。ドラフト1位の実力を見せつける。柳からバトンを受け取った2番手・斎藤 大将は本来の実力が発揮できず関西大に1点を失ってしまう。この嫌な流れを変えるべく明治大は星 知弥をマウンドに上げる。二死二塁のピンチでマウンド上がった3番手・星は自慢のストレートを武器にこの場面を凌ぎきり、関西大に流れを渡さなかった。

 最終回、星は突如コントロールが乱れ二死満塁のピンチを迎えるものの、自分のテンポを取り戻し3番古川 陸を凡退に抑え4対1で明治大が試合を制した。

このページのトップへ

【関連記事】
第158回 【第47回明治神宮大会】明治大vs桜美林 「星知弥の投打にわたる『救援』で明治大が優勝!」【大学野球レポート】
第157回 【第47回明治神宮大会】桜美林大vs日本大 「佐々木抜きでも日大を破った桜美林の打力の高さとリリーフ陣の充実さ」【大学野球レポート】
第156回 【第47回明治神宮大会】明治大vs上武大 「柳・星の継投リレーで上武大打線を完封!」【大学野球レポート】
第155回 【第47回明治神宮大会】桜美林大vs環太平洋大 「千葉ロッテ1位指名の佐々木、8回一死までノーヒットノーランの快投 」【大学野球レポート】
第154回 【第47回明治神宮大会】日本大vs東海大北海道 「京田、ドラフト指名対決を制する二塁打!」【大学野球レポート】

コメントを投稿する

コラム