第154回 【第47回明治神宮大会】日本大vs東海大北海道 「京田、ドラフト指名対決を制する二塁打!」2016年11月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

神宮大会前にバットを替えた京田が早速結果を残す

京田陽太(日本大)

 中日ドラフト2位の京田 陽太と横浜DeNA2位の水野 滉也の対決で注目が集まったこの試合は序盤で試合が決した。

 1回裏、一死二塁の場面で打席が回った京田は水野が投じた高めのストレートを逃さず左中間を破る適時三塁打で1点を先制する。さらに4番太田和輝もライト超えの適時二塁打で2点目。京田は大会前にバットを変更したようで、以前よりも振りぬきやすくなったと手ごたえを感じている。もともと守備力の高さが際立ち、課題は打撃とみられていた選手。振りぬきがしやすいバットになったことで、力のある投手を打ち崩せることができれば、プロの舞台でも生きるだろう。

 4番太田は逆方向へ鋭い打球を打てるようになり、1年のときと比べると打撃の幅が広がった。現役時代の小久保裕紀に憧れ、長打力をアピールしたい太田にとっては上々のデビュー戦となった。そして3回裏には強打の捕手・八田夏の2点適時打が飛び出し、4対0として、水野を降板させる。その後も、投手・弓削隼人の適時打や1番上川畑大悟の適時二塁打で7対0とコールド勝ちを決めた。

 打たれた水野は、大学選手権と比べるとかなり球速が落ちており、130キロ中盤にとどまった。やはり大学選手権、日米大学野球、秋のリーグ戦とほぼ1年間投げていることになる。

 水野は「1年間投げ切る難しさを実感しました」とコメント。だがプロでは1年間投げ切ることが仕事になる。それは水野は実感している。
「やはり1年間投げ切るだけのスタミナを身につけていきたい」と語った。まずはしっかりと休んで来年、元気な姿で京田と勝負することを期待したい。

(取材・文=河嶋 宗一

このページのトップへ

【関連記事】
第158回 【第47回明治神宮大会】明治大vs桜美林 「星知弥の投打にわたる『救援』で明治大が優勝!」【大学野球レポート】
第157回 【第47回明治神宮大会】桜美林大vs日本大 「佐々木抜きでも日大を破った桜美林の打力の高さとリリーフ陣の充実さ」【大学野球レポート】
第156回 【第47回明治神宮大会】明治大vs上武大 「柳・星の継投リレーで上武大打線を完封!」【大学野球レポート】
第155回 【第47回明治神宮大会】桜美林大vs環太平洋大 「千葉ロッテ1位指名の佐々木、8回一死までノーヒットノーランの快投 」【大学野球レポート】
第153回 【第47回明治神宮大会】上武大vs名城大 「僅差で好投手を攻略した上武大。その強さは本物!」【大学野球レポート】
日大高 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム