【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節2回戦) 「エースの一打で連敗脱出!」2015年04月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

エースの一打で連敗脱出!

投打で活躍した石田(関西大学)

 【試合レポート】

 3連敗中と元気がない関大。この試合を落とせば、早々と優勝戦線から遠のいてしまう。大事な一戦をリーグ戦初先発となる4年生右腕・江口に託した。

 その江口は持ち味の打たせて取る投球が光り、立ち上がりを見せる。3、4回は先頭に出塁を許すものの、落ち着いて後続を断ち、得点を許さない。7回まで1失点と試合を作った。

 打線は4回に2つの押し出し四死球で2点を先制する。だが、その後は安打が出ず、試合は終盤へ突入した。

 1点リードで迎えた8回表、江口が先頭に右前打を浴び、盗塁と犠打で一死三塁とされると、関大は2番手にエース石田を送り込む。石田は力のある速球で遊飛に打ち取り、二死までこぎつけた。続く打者の打球も平凡な遊ゴロに思われたが、遊撃手・西田友が一塁へ悪送球し、三塁走者が生還。痛いミスで同点とされると、さらに左翼線への適時打で勝ち越しを許した。

 追い詰められた関大はその裏、二死二塁のチャンスを作ると、今季途中から4番に座る西田尚を迎える。「絶対に打ってやろうと思って打席に向かった」と初球を振り抜き、右翼線への適時二塁打。再び試合を振り出しに戻した。

 最終回、石田は二死満塁とピンチを作るも、切り抜けて最後の攻撃につなげる。すると、先頭の6番・松山が同大の3番手・矢野敦の初球を左前に運ぶ。続く柿山がしっかりと犠打を決め、一死二塁。続く代打・湯浅は敬遠で歩かされ、一死一、二塁となった。早瀬監督はこの場面で、投手の石田をそのまま打席に送る。「外野が前に来ていたので、思い切って打った」と石田。初球を迷いなく振り抜き、右前にはじき返す。二塁走者が本塁へ滑り込み、サヨナラ勝ちを決めた。

 エースの投打にわたる活躍で、勝利を手にした関大ナイン。終盤の粘りに昨秋王者の威厳を感じさせた。「結果的に石田が良い形で決めて、勝ったことが本当に大きい」と指揮官は振り返る。関大の戦いはまだまだこれからだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
同志社大学0000010203
関西大学000200011X4

同志社大学:平尾拓、福島、矢野敦-川端
関西大学:江口、石田-久米
二塁打:多田、西田尚(関西大)

このページのトップへ

【次のページ】 【関西学生野球連盟春季リーグ戦】関西大学vs同志社大学(第4節2回戦) 「エースの一打で連敗脱出!」(2)


【関連記事】
【大阪市長杯 兼 明治神宮野球大会関西地区第2代表決定戦】立命館大学vs奈良学園大学 「立命 7年ぶり神宮出場決める」【大学野球レポート】
【大阪市長杯 兼 明治神宮野球大会関西地区第1代表決定戦】天理大学vs立命館大学 「立命 天理大に3安打完封負け 関西第一代表逃す」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟秋季リーグ戦】関西大学vs関西学院大学(第8節2回戦) 「関大 関関戦連勝 2位で秋季終幕」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟秋季リーグ戦】立命館大学vs同志社大学(第8節2回戦) 「立命 立同戦連勝 春に続き全大学から勝ち点奪取」【大学野球レポート】
【関西学生野球連盟秋季リーグ戦】立命館大学vs同志社大学(第8節1回戦) 「立命 立同戦先勝 先発桜井は注目浴びる一戦で2失点完投勝利」【大学野球レポート】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム