【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs駒澤大学(第6週1回戦) 「乱打戦を制した中大が5連勝。勝ち点3へ王手!」2015年05月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

乱打戦を制した中大が5連勝。勝ち点3へ王手!

この日猛打賞の松田進(中央大学)

 先発は2戦連続で完投勝利を収めている山手幹(4年)。好投が期待されたが、初回1死から連打を浴びる。2死まで持ち込んだものの、駒大5番の岡田に三塁線を破る左二塁打を打たれ先制点を許してしまう。
さらに4回には先頭の永山への死球をきっかけに2点を奪われ、山手は降板。4回3失点という悔しい結果となった。

 いきなり3点をリードされた中大。
しかし「毎試合山手さんが頑張ってここまで勝ってきたので、負けをつけないように」(山田直・3年)と、打線が奮起する。
1死から打撃好調な松田 進(3年)がチーム初長打となる左二塁打で出塁すると、山田が中前にポトリと落ちる適時打を打ち1点を返す。さらに、保坂淳介(2年)の三ゴロを三塁手の米満が一塁へ悪送球し(記録は三失)、山田が生還。さらに二塁に保坂を置き、2番の新城拓(2年)が右前適時打を放ち、すぐさま同点に追いつく。

 2番手は花城 凪都(2年)。5回は無失点に抑えるが6回、4番の永山にこの日二本目の二塁打を浴びると5番・岡田の打球は右翼への飛球に。しかし、中堅手の神里 和毅主将(4年)と右翼手の泉澤諒太(4年)と二塁手の新城の間に落ち(記録は右前安打)、無死一、三塁とピンチが広がる。ここで6番の坂井に左前適時打を打たれ勝ちこされてしまう。
何とか2死を取るが、2死二、三塁から9番の小川に中前適時打を打たれ、点差は2点になる。結局、花城はこの回で降板。試合は乱打戦の様相を呈し始める。

 しかし、すぐさま打線が援護する。その裏、1死から保坂が国学大1回戦以来の安打となる中前安打で出塁すると、新城の安打や小河 諒(3年)の敬遠気味の四球などで2死ながら満塁のチャンスを作る。ここで4番の小川 拓真(4年)。フルカウントから「緩いチェンジアップだったかも」という球を打ち、中前適時打。この安打で得点圏走者だけでなく、一斉にスタートを切っていた一塁走者の小河も生還し、6-5とすぐに逆転に成功する。そして、先発の東野もマウンドから引きずり落とした。

 直後の7回から3番手としてマウンドに上がったのは、ここまで2戦連続完投勝利を挙げている村川 翔太(3年)。だが、いきなり先頭打者の奥井に四球を与えると、2死三塁から5番岡田のこの日3本目の安打で同点に追いつかれ、試合は振り出しに戻ってしまう。村川も「先頭を四球で出して悔いが残る」と後悔する立ち上がりとなった。

 その裏、中大は先頭の山田がこの日3本目の安打で出塁し、2死三塁のチャンスを作るが、ここで駒大が変則的なフォームの左腕・伊藤一を投入。勝ち越しのチャンスだったが、新城が二ゴロに倒れ無得点に終わる。

 しかし8回、すぐに伊藤一を攻略する。1死から小川が四球で出塁すると、代走に飯嶌幹太(1年)が起用される。続く泉澤の左前打で1死一、二塁のチャンスを作ると打席にはこの日猛打賞の松田。「真ん中の甘い球」を打つが、打球は右方向への平凡な飛球に。しかし、風が打球を押し戻し、捕球体勢に入っていた右翼手の坂井がこれを取れず(記録は右二塁打)、打球が一塁側マウンドへ転がる間に飯嶌が生還。再度勝ち越す。

 さらに途中出場の古藤誉人(4年)が「思いっ切り振りぬいた」打球は、前進守備の中堅手・小川の頭を超える二塁打に。古藤の嬉しい大学初安打でリードを3点に広げる。
最後は村川がリードを守り切り、9-6で試合終了。両軍合計25安打の乱打戦は、相手を上回る14安打を打った中大に軍配が上がった。

 これまで投手戦が多かった中、乱打戦でも勝利し5連勝とチームの状態は日に日に良くなっている。明日勝てば首位の専大に並ぶ勝ち点3を取れる。
「これから4連勝しないと優勝はない」と秋田監督が言うように、専大に追いつき逆転するには勝つしかない。開幕カードの専大戦の連敗以降は、負けなしの中大。このまま勝利し、逆転優勝へ突き進む。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
駒澤大学1002021006
中央大学00030303X9

駒澤大学:東野、白崎、伊藤一、中山-高橋亮
中央大学:山手、花城、村川-保坂
二塁打:松田2、古藤(中)、永山2、岡田、高橋亮(駒)

このページのトップへ

【次のページ】 【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs駒澤大学(第6週1回戦) 「乱打戦を制した中大が5連勝。勝ち点3へ王手!」(2)


【関連記事】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs亜細亜大学(第7週3回戦) 「二桁安打&得点で快勝、最終戦を勝利で飾る」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs亜細亜大学(第7週2回戦) 「専大が優勝決めるも村川が4勝目」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs亜細亜大学(第7週1回戦) 「亜大に痛い敗戦 連勝が6で止まる」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs駒澤大学(第6週2回戦) 「ついに並んだ! 6連勝で首位タイ浮上」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs拓殖大学(第4週2回戦) 「村川が2試合連続完投勝利! 4連勝で勝ち点2」【大学野球レポート】
駒大苫小牧 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム