【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs駒澤大学(第6週2回戦) 「ついに並んだ! 6連勝で首位タイ浮上」2015年05月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ついに並んだ! 6連勝で首位タイ浮上

松田(中大)

 前日に行われた1回戦では乱打戦を制し逆転勝ちを収めた中大。この日行われた2回戦では初回から試合の流れを有利に作り、15対8で6連勝。3つ目となる勝ち点を奪った。その結果リーグ首位の専大と並び、春季リーグ戦優勝にぐっと近づく形となった。

 先攻の中大は初回、先頭の神里 和毅主将(4年)が内野安打で出塁すると続く新城 拓(3年)が四球で出塁。後続の小河 諒(3年)が中前打で好機を広げると、4番小川 拓真(4年)が左中間へ適時三塁打を放ち走者一掃。さらに松田 進(3年)の適時打で1点を追加し、この回早くも4点の先制に成功した。小川は「左中間、中堅方向を狙っていたので、意識通りに打てた」と振り返った。

 先発は昨日に引き続き山手 幹(4年)が務めた。「昨日悔しい結果だったので今日は気合いが入っていた」と自ら志願しての登板。ところが1回裏、四球を与え二死一塁の場面で迎えた駒大の4番打者に右方向への本塁打を許してしまう。「この1球だけが今日の悔しいところ」と山手は振り返った。初回2点を失った中大だが、その後は山手の粘投で2回から6回を無失点に抑えた。

 攻撃では3回表、打撃好調の松田が今季第3号となる本塁打を放ち、追加点を奪った。さらに5回表、先頭泉澤 涼太(4年)が安打を放つと、松田が四球で出塁。続く吉田 叡生(1年)がリーグ戦初となる右前打を放つ。塁を進めて無死満塁の状況で迎えた打者は山田 直(3年)。中堅手の前に落ちる適時打で好機をしっかりとものにした。なおも一死満塁で神里主将は四球を選び押し出しで1点を追加。さらに続く新城が右方向へ適時打を、小河が犠飛を打ち、この回5点を追加した。

 しかしこれだけでは終わらなかった。7回表、中大の攻撃は一番神里主将から始まった。神里主将が四球で出塁すると、新城の犠打が上手く内野安打となって無死一、二塁に。続く小河が左方向に適時打を放って1点を追加しなおも無死一、二塁が続く。ここで頼れる4番小川の適時二塁打で2点を追加した。さらに後続の泉澤も左中間に2点適時二塁打を決め、無死二塁と好機は広がり続けた。後続の松田が遊ゴロで一死二塁になると、飯嶌 幹太(2年)の右前打で一死一、三塁となる。さらに山田の犠飛で確実に得点し、最終的にこの回も5得点の猛攻を見せた。

 一方守りでは7回、先発山手から伊藤 優輔(1年)に交代。相手の先頭打者に単打を許す。さらにその打球を左翼手の山田が逸らし、その間打者が三塁まで進んでしまう。続く打者にも四球、さらに適時打を放たれると、その後も四球などで4点を奪われてしまう。しかし最後は三振で抑えるなど、1年生ながら堂々とした投球を見せた。

 さらに最終回、投手は在原 一稀(3年)に交代し、野手も河合 泰聖(1年)に交代。死球や安打、野手の失策などなかなか決まらない苦しい場面が続き2点を失うも、最後は二者連続の三振を取り、試合を締めくくった。

 この試合を勝利した中大は、32年ぶりの6連勝を果たした。優勝へ向け勢いが付いた中大は、来週に最終カードである亜大戦を控えている。最速だと、この亜大との2試合に勝利し、かつ専大が拓大に1試合でも負けた時点で中大の優勝が決まる。もし中大と専大がともに連勝か2勝1敗した場合は、優勝決定戦へと持ち越される。前カードで連敗している専大と、6連勝で波に乗る中大。両校の戦いから目が離せない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
中央大学40105050015
駒澤大学2000004028

中央大学:山手、伊藤、在原―保坂
駒澤大学:片山、高橋由、白崎、中山、白銀-高橋亮、長
本塁打:松田(中大)、永山(駒大)
三塁打:小川(中大)、岡田(駒大)
二塁打:小川、泉澤(中大)、岡田(駒大)

【次のページ】 【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs駒澤大学(第6週2回戦) 「ついに並んだ! 6連勝で首位タイ浮上」(2)


【関連記事】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs亜細亜大学(第7週3回戦) 「二桁安打&得点で快勝、最終戦を勝利で飾る」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs亜細亜大学(第7週2回戦) 「専大が優勝決めるも村川が4勝目」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs亜細亜大学(第7週1回戦) 「亜大に痛い敗戦 連勝が6で止まる」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs駒澤大学(第6週1回戦) 「乱打戦を制した中大が5連勝。勝ち点3へ王手!」【大学野球レポート】
【東都大学野球春季リーグ】中央大学vs拓殖大学(第4週2回戦) 「村川が2試合連続完投勝利! 4連勝で勝ち点2」【大学野球レポート】
駒大苫小牧 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム