第1回 【六大学野球春季リーグ総括】 法政大、創部100年目を迎えた春の戦い2015年06月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

劇的な幕切れで開幕カード2連勝!

開幕投手に抜擢されたルーキー森田 駿哉郎投手(法政大)

 創部100周年という大きな節目を迎えた今季の法政大。昨季まで実に3季連続5位という歴史的低迷を味わい、新監督に昨年助監督を務めた青木 久典監督を迎え臨んだ今春は、4季ぶりのAクラスとなる2位で締めくくった。

 新生・HOSEIの船出となる開幕戦。その試合前、神宮に衝撃が走った。開幕投手は、森田 駿哉(1年)。青木監督は捕手に中村 浩人(1年)、1番に原田 寛樹(1年)を起用し、開幕スタメンにルーキーを3人起用するという大胆な采配を振るった。対するは横尾 俊建(慶應大・4年)、谷田 成吾(慶應大・4年)らを擁する強打の慶應大。森田との対戦に大きな注目が集まった。森田は初回から満塁のピンチを迎えるも無失点で切り抜けると、圧巻の奪三振ショーがスタート。4者連続を含む毎回の10奪三振で、6回を無失点にまとめる好投。先発の加藤 拓也(慶應大・4年)との熱のこもった投手戦を演じる。
しかし、少ない好機をものにしたのは法政大だった。4回に中村が右前適時打で均衡を破ると、7回からは大型サイド右腕の川名 健太郎(4年)が3回をパーフェクトに抑える好救援で虎の子の1点を守りきり、開幕戦を勝利で飾った。2回戦(試合レポート)は最終回に2点を追う苦しい展開となるも、満塁のチャンスを作ると柴田 圭輝(3年)のリーグ戦初安打となる一打に相手失策が重なり、一挙に3者が生還。劇的な逆転劇で開幕カードを2連勝で終え、これ以上ないスタートを切った。

 第2週の立大戦は、苦しみながらも3回戦(試合レポート)で立教大エースの澤田 圭佑(立教大・3年)を攻略し勝ち点奪取に成功。勢いに乗った状態でライバル・明治大との対戦に挑んだ。1回戦(試合レポート)、互いに点を奪い合い、試合は同点のまま9回へ。プロ併用日の規定により延長戦がないため、引き分け目前かと思われた9回裏、今季初スタメンに起用された皆川 普(4年)が無死一、二塁の場面で打席に向かう。犠打も考えられる場面だったが、指揮官の問いに対し、皆川の出した答えは「打ちます」。上原 健太(明治大・4年)の投じた直球に詰まりながらも、強い執念が乗り移った打球は左前で弾むサヨナラ打となった。この勝利でさらに波に乗ったチームは、翌日も両チーム合計31安打が飛び交う乱打戦(試合レポート)を制し、明治大からは12年秋以来となる勝ち点をもぎ取った。

このページのトップへ

【次のページ】 早稲田大との首位攻防戦と運命の東大戦


【関連記事】
第158回 【第47回明治神宮大会】明治大vs桜美林 「星知弥の投打にわたる『救援』で明治大が優勝!」【大学野球レポート】
第156回 【第47回明治神宮大会】明治大vs上武大 「柳・星の継投リレーで上武大打線を完封!」【大学野球レポート】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
【第46回明治神宮大会】亜細亜大vs早稲田大 「延長14回の激戦!亜細亜大が3年前の雪辱を果たし、2年ぶりの優勝」【大学野球レポート】
【第46回明治神宮大会】早稲田大vs上武大 「小島和哉が1年生左腕同士の投げ合いを制する!」【大学野球レポート】
上原 健太(広陵) 【選手名鑑】
大竹 耕太郎(済々黌) 【選手名鑑】
加藤 拓也(慶應義塾) 【選手名鑑】
鎌倉 航(日本文理) 【選手名鑑】
川名 健太郎(安房) 【選手名鑑】
熊谷 拓也(平塚学園) 【選手名鑑】
熊谷 拓也(都立江戸川) 【選手名鑑】
澤田 圭佑(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
柴田 圭輝(東邦) 【選手名鑑】
原田 寛樹(春日部共栄) 【選手名鑑】
森田 駿哉(富山商) 【選手名鑑】
谷田 成吾(慶應義塾) 【選手名鑑】
横尾 俊建(日大三) 【選手名鑑】
若林 晃弘(桐蔭学園) 【選手名鑑】
早大学院 【高校別データ】
大成 【高校別データ】
法政大高 【高校別データ】

コラム