第1回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編2015年10月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 高橋純平を指名する胆力があるか
[2] 地元の木下 拓哉(トヨタ自動車)が狙い目か

地元の木下 拓哉(トヨタ自動車)が狙い目か

木下 拓哉(トヨタ自動車)

 高橋以外の1位候補で、「実力が伴った即戦力候補の先発タイプ」となると数が限られてくる。大学生では多和田 真三郎(富士大・2013年インタビュー)、熊原 健人(仙台大)、今永 昇太(駒澤大・2014年インタビュー)、上原 健人(明治大)、西村 天裕(帝京大)、岡田 明丈(大阪商業大)、社会人では石橋 良太(Honda)、近藤 均(王子)、角屋 龍太(ジェイプロジェクト)あたりが予想される顔ぶれだ。

 知名度のある多和田、熊原、今永、上原を除き、さらに即戦力の魅力ある先発タイプということで残るのは岡田、近藤均の2人。岡田は最速152キロのストレートの速さを武器に今年の大学選手権では8強進出の原動力になった。敗れた神奈川大戦では無死満塁の場面でリリーフ、いきなり150キロ→151キロ→150キロの快速球を披露し、勝負球はキレのいいスライダーという配球で3人を内野ゴロに打ち取り、無失点に抑えた。

 近藤は推定約8割が変化球の技巧派だが、たまに投げ込まれる最速146キロのストレートが威力十分。今年の都市対抗ではセガサミー、Hondaを連続完封に抑え込んだが、このとき威力を発揮したのが3つのバリエーションを持つスライダー。完成度の高さと所属する王子が中日の地元、愛知県春日井市にあるというのが追い風になるか。

 野手はどうだろう。和田が抜ける外野、谷繁が抜ける捕手、さらに荒木 雅博(来季39歳)2014年インタビュー、森野 将彦(38歳)2010年インタビューが最晩年を迎える内野陣も補強が急務。要するに全ポジションに人材が足りていない。とくに捕手は補強が必要だ。
FA権取得の大野 奨太(日本ハム)、炭谷 銀仁朗(西武)を獲得するというプランがありそうだが、そうなると02年に谷繁 元信をFA補強して以降、正捕手は移籍組が続くことになる。98年以降、移籍組の矢野 輝弘→城島 健司→藤井 彰人&鶴岡 一成に依存する阪神同様、あまりいいことだとは思わない。

 捕手の有力候補は地元・愛知の名門、トヨタ自動車に所属する木下 拓哉が上位候補。他にも船越 涼太(王子)、戸柱 恭孝(NTT西日本)がいる。高校生ではの甲子園大会やU-18ワールドカップでスターティングメンバーに名を連ねることが多かった堀内 謙伍静岡)、さらに強肩・強打の柘植 世那健大高崎)が候補。東海地区唯一の球団なので、地元の木下、堀内のうち1人は確保したい。

 常識的には投手は高校生の高橋、大学生&社会人では今永、熊原、多和田が1位入札の有力候補になり、野手ではオコエ 瑠偉関東一・外野手・2015年インタビュー【前編】 【後編】)、平沢 大河仙台育英・遊撃手2015年インタビュー)、髙山 俊(明治大・外野手・2012年インタビュー)が1位指名の有力候補。野手の好素材を狙うなら1、2位の上位枠で考えたいが、今の中日のチーム状態を考えるとその余裕はとてもない。1、2位は投手(1位高橋なら2位は大学生か社会人)、3位以下で野手という指名になりそうだ。

(文・小関 順二

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

このページのトップへ


【関連記事】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第8回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ「今回のドラフトで太い柱となる選手を指名できるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第5回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「若手が育つ球団になるには今季もスケール重視でいくべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
石橋 良太(明徳義塾) 【選手名鑑】
今永 昇太(北筑) 【選手名鑑】
オコエ 瑠偉(関東一) 【選手名鑑】
木下 拓哉(高知) 【選手名鑑】
近藤 均(福知山成美) 【選手名鑑】
髙山 俊(日大三) 【選手名鑑】
柘植 世那(健大高崎) 【選手名鑑】
西村 天裕(県立和歌山商) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
船越 涼太(市立柏) 【選手名鑑】
堀内 謙伍(静岡) 【選手名鑑】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン

コメントを投稿する

コラム