第2回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編2015年10月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 投手を中心に土台を固めてきた10年間だからこそ野手1位指名を!
[2] 将来性か?即戦力か?

東北楽天ゴールデンイーグルス 今季戦績

 143試合 57勝83敗3分 勝率.407 パ・リーグ6位(10月5日現在)

投手を中心に土台を固めてきた10年間だからこそ野手1位指名を!

 2005年に球界に参画した楽天は当初、選手が満足に揃わなかったこともあり、「野球の基本は投手」という信念のもと、投手陣の整備からチーム作りをスタートさせた(ドラフト会議には04年から参加)。

 過去11回の最上位指名はすべて投手。08年の統一ドラフト以降でもその方針は変わらず、2位指名の野手は中川 大志西田 哲朗内田 靖人2013年インタビューの3人だけ。1、2位は投手、野手は3位以下が現在まで続く基本戦略である。しかし、10月4日現在のチーム打率.241はリーグ最下位。投手優先の基本戦略を徹底したためだろうか。今年はまず攻撃面から見直すことにしよう。来季のスタメン候補は次の通りだ。

捕手:嶋 基宏2015年インタビュー)、小関 翔太
一塁:<外国人> 枡田 慎太郎
二塁:藤田 一也2015年インタビュー)、後藤 光尊
三塁:銀次
遊撃:西田 哲朗 
左翼:北川 倫太郎、島内 宏明
中堅:岡島 豪郎、聖澤 諒2012年インタビュー
右翼:中川 大志、松井 稼頭央2013年インタビュー2015年インタビュー
DH: <外国人>

平沢 大河(仙台育英)

 こうして見ると、三遊間に人材が少ないことがわかる。若手に三好 匠、内田という好素材はいるが、まだ一軍定着には1、2年かかりそう。この2人と、正遊撃手候補に挙げた西田にも刺激を与える意味で、高校ナンバーワンショートの呼び声高い平沢 大河仙台育英2015年インタビュー)を上位で指名したい。

 夏の甲子園までは2位指名くらいの評価だったのが、U-18ワールドカップ(以下、U-18W杯)の活躍で1位候補に格上げされた。ただ、外れ1位くらいの指名が有力なので1位は投手、競合して抽選で外れたら外れ1位で獲るくらいの感覚でも指名できそうだ。ちなみに、平沢は県外の野球留学生ではなく宮城県出身。楽天にとっては地元の選手なので人気面でも見逃す手はない。

 U-18W杯では打率.296と平凡だったが、打点がチーム内で勝俣 翔貴東海大菅生・2015年インタビュー【1】 【2】)に次ぐ10と勝負強さを発揮、佐藤 世那仙台育英・投手2015年インタビュー)、堀内 謙伍静岡・捕手)、篠原 涼敦賀気比・三塁手)、勝俣(外野手)とともに大会ベストナインに選出された。もし1位で選出されたらチームにとっては初の野手1位指名になる。楽天の第2ステージの幕が上がる、そんな感慨を覚えそうだ。

このページのトップへ

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

【次のページ】 将来性か?即戦力か?


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス「競争心を煽らせるために即戦力投手の指名を!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
今永 昇太(北筑) 【選手名鑑】
上原 健太(広陵) 【選手名鑑】
小笠原 慎之介(東海大相模) 【選手名鑑】
小野 郁(西日本短大附) 【選手名鑑】
片山 博視(報徳学園) 【選手名鑑】
釜田 佳直(金沢) 【選手名鑑】
辛島 航(飯塚) 【選手名鑑】
菊池 保則(常磐大高) 【選手名鑑】
北川 倫太郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
小関 翔太(東筑紫学園) 【選手名鑑】
佐藤 優(古川学園) 【選手名鑑】
佐藤 世那(仙台育英) 【選手名鑑】
塩見 貴洋(帝京第五) 【選手名鑑】
高橋 純平(県立岐阜商) 【選手名鑑】
多和田 真三郎(中部商) 【選手名鑑】
戸村 健次(立教新座) 【選手名鑑】
中川 大志(桜丘) 【選手名鑑】
中川 大志(桜丘) 【選手名鑑】
西田 哲朗(関大一) 【選手名鑑】
枡田 慎太郎(智辯学園) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
三好 匠(九州国際大付) 【選手名鑑】
森 雄大(東福岡) 【選手名鑑】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン

コメントを投稿する

コラム