第11回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ編2015年10月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 日本ハムが選択する今年の一番いい選手は誰か??
[2] 2位以降はリリーフタイプや左腕が補強ポイントか

2位以降はリリーフタイプや左腕が補強ポイントか

石橋 良太(Honda)

 オコエの名が日本ハム絡みで時々ネットを騒がせるが、来季予想ポジションを見てわかるように外野は満杯状態である。それも西川、浅間、谷口、岡、石川という期待の若手がひしめいている。ここにオコエが入れば日本ハムにとってもオコエにとってもプラスにならないので、私の予想はパス。

 高校生投手は前にも書いたが、統一ドラフトになった08年以降では7人しか指名しておらず、そのうち1位が中村、大谷の2人。あとの5人はすべて4位以下である。野手は高校生を主戦力にし、投手は大学生、社会人を主戦力にし、高校生投手は下位指名でちょっとだけ、というのが日本ハムのドラフト戦略である。ならば、今年の投手指名も大学生、社会人を中心に考えなければならない。

 1位候補は高校生の高橋か大学生の今永、2位以下は残っていれば石橋 良太(Honda)、角屋 龍太(ジェイプロジェクト)、近藤 大亮(パナソニック)、奥村 政稔(三菱重工長崎)の社会人に、井口 和明(東農大北海道オホーツク)、原 樹理(東洋大)の大学生が候補になると思うが、今の日本ハムに不足しているのは左腕。

 今永以外の左腕はというと、加藤 貴之(新日鉄住金かずさマジック)、西嶋 一記(富士重工業メジャー挑戦物語 ~西嶋 一記~)、野川 拓斗(鷺宮製作所)、福 敬登(JR九州)が候補になる。西嶋は明治大卒業後、ドジャース傘下のファームで投げていたことがある。同じような経歴の持ち主が、日本のプロを経ないで高校中退後アメリカに渡り、メジャー通算16勝した鈴木 誠(通称マック鈴木)。鈴木は帰国後の02年、オリックスの2巡指名で日本球界入りしているので、西嶋にも同様の手続きで日本球界入りするチャンスがある。

 野手は高校生が下位で指名される可能性が高い。手薄な捕手は13年8位石川 亮帝京)、14年2位清水 優心九州国際大付)、9位佐藤 正尭愛知啓成)と2年連続して3人指名されているので今年はどうだろう。高校生は柘植 世那健大高崎)、堀内 謙伍静岡)、即戦力候補は社会人の船越 涼太(王子)、戸柱 恭孝(NTT西日本)あたりが考えられるだろう。

(文・小関 順二

このページのトップへ

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

【関連記事】
第19回 まるでプロの先発投手!?西純矢(創志学園)はとてつもないパワーアップを遂げていた!【ドラフト特集】
第17回 社会人野球ドラフト特集「今年はポテンシャル重視の1年に」【ドラフト特集】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
浅間 大基(横浜) 【選手名鑑】
有原 航平(広陵) 【選手名鑑】
石井 裕也(大曲工) 【選手名鑑】
石川 慎吾(東大阪大柏原) 【選手名鑑】
石川 亮(帝京) 【選手名鑑】
石橋 良太(明徳義塾) 【選手名鑑】
今永 昇太(北筑) 【選手名鑑】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
大野 奨太(岐阜総合学園) 【選手名鑑】
岡 大海(倉敷商) 【選手名鑑】
奥村 政稔(中津商) 【選手名鑑】
オコエ 瑠偉(関東一) 【選手名鑑】
鍵谷 陽平(北海) 【選手名鑑】
加藤 貴之(拓大紅陵) 【選手名鑑】
近藤 健介(横浜) 【選手名鑑】
斎藤 佑樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
佐藤 正尭(愛知啓成) 【選手名鑑】
清水 優心(九州国際大付) 【選手名鑑】
白村 明弘(慶應義塾) 【選手名鑑】
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】
杉谷 拳士(帝京) 【選手名鑑】
高橋 純平(県立岐阜商) 【選手名鑑】
髙山 俊(日大三) 【選手名鑑】
谷口 雄也(愛工大名電) 【選手名鑑】
柘植 世那(健大高崎) 【選手名鑑】
中島 卓也(福岡工) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中村 勝(春日部共栄) 【選手名鑑】
西川 遥輝(智辯和歌山) 【選手名鑑】
野川 拓斗(川口青陵) 【選手名鑑】
原 樹理(東洋大姫路) 【選手名鑑】
福 敬登(神戸西) 【選手名鑑】
船越 涼太(市立柏) 【選手名鑑】
堀内 謙伍(静岡) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
吉川 光夫(広陵) 【選手名鑑】
渡邉 諒(東海大甲府) 【選手名鑑】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン

コメントを投稿する

コラム