第12回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編2015年10月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 今年のテーマは「モノになったときにスケールの大きい選手」
[2] 外れ1位はどうするべきか?

外れ1位はどうするべきか?

 3年後の投手陣の柱「武田、千賀、松本」にもう1本加えても邪魔にならない。左腕の先発タイプが大隣、山田 大樹くらいしかいないことを考えれば小笠原が有力だが、利き腕より力量で判断すれば現時点ではわずかに高橋が上だろう。
抜群の球持ちの長さは下半身主導の投球フォームの賜物で、肩、ヒジの故障の危険性が低下するという副産物をもたらした。ストレートの球速は最速152キロを計測し、カーブ、スライダー、フォークボールの精度も高く、プロに入れば1年目に5勝を挙げた髙橋 光成(西武2014年インタビュー)くらいの成績は残せそうだ。

 もう1人1位入札が考えられるのはソフトバンクの地元、福岡・北筑高校出身の左腕、今永 昇太(駒澤大2014年インタビュー)だ。前で書いたように先発タイプの左腕が少ないというのが理由。今春のリーグ戦は左肩の故障で全休しているが、今秋は復活してストレートも最速147キロを計測している。カーブ、スライダー、チェンジアップの精度も高く、プロでは即戦力の可能性を秘めている。

 各球団の1位入札が定まらず、外れ1位の予想は難しい。

 楽天=平沢 大河(遊撃手・仙台育英2015年インタビュー)、DeNA=小笠原 慎之介(投手・東海大相模)、オリックス=岡田 明丈(投手・大阪商業大)、中日=高橋 純平、西武=高橋 純平オコエ 瑠偉、広島=上原 健太(投手・明治大)、ロッテ=平沢、阪神=高橋 純平、日本ハム=高橋 純平、巨人=小笠原 慎之介、ヤクルト=今永 昇太(駒澤大)

茂木 栄五郎(早稲田大)

 これがとりあえず現時点の予想である。高橋、今永の抽選で負けた場合、外れ1位で残っているのは投手では熊原 健人(仙台大)、多和田 真三郎(富士大2013年インタビュー)、西村 天裕(帝京大)、近藤 均(王子)、近藤 大亮(パナソニック)、石橋 良太(Honda)、小澤 怜史日大三島・2015年インタビュー【前編】 【後編】)、野手では髙山 俊(外野手・明治大2012年インタビュー)、木下 拓哉(捕手・トヨタ自動車)、茂木 栄五郎(三塁手・早稲田大)、吉田 正尚(外野手・青山学院大)あたり。外野手は人材豊富で、入っても出る余地がなさそうだ。三塁手も松田 宣浩2014年インタビューが来季33歳だからあと3、4年くらいはバリバリやっていそうである。

 そう考えると需要があるのは捕手の木下だが、二塁まで視野に入れれば茂木も面白い。4年春には二塁コンバート案があり、オープン戦でも守っている。シーズン中、本多 雄一2014年インタビュー、川島 慶三、明石 健志2013年インタビュー高田 知季と多くの選手が守っているのはそれだけ決定力に欠けるから。将来的な三塁コンバートも考えながら二塁も守れる茂木はバッティングの力強さもあり、十分候補になり得る。

 九州枠なら、夏の甲子園でホームランを量産した山本 武白志(三塁手・九州国際大付)に、大学の右本格派、笛田 怜平(投手・福岡工大)の指名も考えられるだろう。

(文・小関 順二

このページのトップへ

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第7回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「ハツラツとしたメキシコ打線!侍ジャパン投手陣を攻略!」【侍ジャパン 世界一への道】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
石橋 良太(明徳義塾) 【選手名鑑】
今永 昇太(北筑) 【選手名鑑】
上原 健太(広陵) 【選手名鑑】
小笠原 慎之介(東海大相模) 【選手名鑑】
木下 拓哉(高知) 【選手名鑑】
栗原 陵矢(春江工) 【選手名鑑】
小澤 怜史(日大三島) 【選手名鑑】
近藤 均(福知山成美) 【選手名鑑】
千賀 滉大(蒲郡) 【選手名鑑】
高田 知季(岡山理大附) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
高橋 純平(県立岐阜商) 【選手名鑑】
髙山 俊(日大三) 【選手名鑑】
武田 翔太(徳島商) 【選手名鑑】
武田 翔太(宮崎日大) 【選手名鑑】
立岡 宗一郎(鎮西) 【選手名鑑】
多和田 真三郎(中部商) 【選手名鑑】
西村 天裕(県立和歌山商) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
笛田 怜平(鹿児島南) 【選手名鑑】
茂木 栄五郎(桐蔭学園) 【選手名鑑】
森 唯斗(海部) 【選手名鑑】
森福 允彦(豊川) 【選手名鑑】
山田 大樹(つくば秀英) 【選手名鑑】
山田 大樹(菰野) 【選手名鑑】
山本 武白志(九州国際大付) 【選手名鑑】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン

コメントを投稿する

コラム