第2回 最もプロへ人材を送り込んでいる大学はどこだ!2015年10月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2010年、ドラフト1位指名3人を輩出した早稲田大がトップ!
[2]実力の東都では青学大、東洋大の人材輩出も目立つ

実力の東都では青学大、東洋大の人材輩出も目立つ

侍ジャパントップチーム監督・小久保 裕紀氏

 青山学院大の主な輩出選手は、侍ジャパントップチームの監督を務める小久保 裕紀氏。また2005年にメジャーリーグにも挑戦し、同年のホワイトソックスの世界一に貢献、その後2009年に日本球界に復帰し、今シーズンも千葉ロッテマリーンズにて活躍する井口 資仁2014年インタビュー。2007年社会人、大学枠にて3巡目で指名された、代打の仕事人として知られる小窪 哲也選手(広島東洋カープ)が活躍するなど野手の活躍が目立つ。
その傾向は今も変わらず、侍ジャパンU-18代表との壮行試合で二打席連続本塁打を放ったスラッガー・吉田 正尚2015年インタビュー選手がドラフト候補に挙がっている。

 第5位はここまでの10年間で10人のプロ選手を輩出している東洋大。
現在は東都リーグ二部ではあるが、過去には東都リーグ一部で16回の優勝、近年を見ても2008年、2010年、2011年の大学選手権優勝など素晴らしい実績を誇っている。その黄金時代の主力選手で、東洋大、千葉ロッテマリーンズでも主将を務めた鈴木 大地選手、3球団の競合の末、同じく千葉ロッテマリーンズに入団した藤岡 貴裕選手2011年インタビュー、北海道日本ハムファイターズの正捕手として活躍する大野 奨太選手、今年自身初の打率3割に到達した清田 育宏選手などの活躍が目立つ。

ドラフト指名数は東都・東京六大学だが、活躍度は地方リーグが上か??

柳田 悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)

 ベスト5までは東都・東京六大学に所属する学校が占めているが、最近は、2011年のセ・リーグMVPに選出された中日の浅尾 拓也(日本福祉大2011年インタビュー)、プレミア12に選出された中日のエース・大野 雄大(佛教大)、1年目から最多勝を獲得した東京ヤクルトスワローズの小川 泰弘投手(創価大2015年インタビュー)、楽天のエース・則本 昂大(三重中京大2014年インタビュー)、トリプルスリーを達成した福岡ソフトバンクホークスの柳田 悠岐(広島経済大・2015年インタビュー【前編】【後編】)など地方大学出身の選手たちの活躍が目立ち、活躍度では地方リーグに所属する大学が上回っているのでは?という声もある。

 上記の選手たちは高校時代、全国的には無名だった選手だ。これを見ると改めて大学野球の裾野の広さや、育成力の高さが分かるだろう。またそういう選手をしっかりと育て上げる意味でも、地方リーグに所属する大学の存在は欠かせない。地方リーグの底上げで、東京六大学、東都大学野球も刺激を受け、さらにレベルアップする。
そういう好循環が続き、日本の大学野球のレベルも高くなっていくことに期待したい。

 今後は六大学、東都リーグだけでなく地方大学のドラフト候補生の活躍にも注目だ。

このページのトップへ

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

【関連記事】
第2回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ編 「今年も高卒野手に敢然に立ち向かおう!」【プロ12球団ドラフト分析2017】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第158回 【第47回明治神宮大会】明治大vs桜美林 「星知弥の投打にわたる『救援』で明治大が優勝!」【大学野球レポート】
第156回 【第47回明治神宮大会】明治大vs上武大 「柳・星の継投リレーで上武大打線を完封!」【大学野球レポート】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
有原 航平(広陵) 【選手名鑑】
上原 健太(広陵) 【選手名鑑】
大石 達也(福岡大大濠) 【選手名鑑】
大野 奨太(岐阜総合学園) 【選手名鑑】
小川 泰弘(成章) 【選手名鑑】
斎藤 佑樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
高山 俊(日大三) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
野村 祐輔(広陵) 【選手名鑑】
福井 優也(済美) 【選手名鑑】
藤岡 貴裕(桐生第一) 【選手名鑑】
茂木 栄五郎(桐蔭学園) 【選手名鑑】
山崎 福也(日大三) 【選手名鑑】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】
早大学院 【高校別データ】
東洋大京北 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム