第3回 プロ野球へ最も選手を輩出している社会人野球チームは?2015年10月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ホーム移転後、急激なレベルアップが際立つJR東日本
[2]JR東日本の主な輩出選手
[3]NTT西日本、トヨタ自動車、Hondaの名門からも一流選手を輩出

NTT西日本、トヨタ自動車、Hondaの名門からも一流選手を輩出

金子 千尋投手(オリックス) トヨタ自動車OB

 続いては8人を輩出したNTT西日本、トヨタ自動車、Hondaが3位タイとなった。

 NTT西日本は日本選手権準優勝を果たした2005年に、現在オリックス・バファローズの中継ぎで活躍する岸田 護選手、強肩強打の外野手・藤井 淳志選手(中日ドラゴンズ)、堅実な内野守備、勝負強い打撃を見せる脇谷 亮太内野手(埼玉西武ライオンズ)など一気に5人がプロ入り。2012年に埼玉西武ライオンズからドラフト1位指名を受けた増田 達至も今年42ホールドポイントをマークし、最優秀中継ぎ賞に輝いた。

 トヨタ自動車出身者といえば、何といってもヤクルトスワローズの名捕手として長く活躍し、野球殿堂入りも果たした古田 敦也氏。さらに2014年パ・リーグMVPの金子 千尋投手2015年インタビューも同社出身だ。

 他に過去10年の主な輩出選手を挙げると、ここまで通算74勝の吉見 一起投手(中日ドラゴンズ)、驚異的な俊足を見せる荻野 貴司(千葉ロッテマリーンズ)、今季はセットアッパーで存在感を見せ付けた大谷 智久(千葉ロッテマリーンズ)、2012年のゴールデングラブ賞・荒波 翔(横浜DeNAベイスターズ2015年インタビュー)の名前が挙がる。

 さらに同じく8人を輩出しているHondaといえば、まずは長野 久義外野手2013年インタビュー。2009年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団すると、2010年には新人王を獲得、2011年には首位打者、2012年には最多安打、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を2011年から3年続けて受賞するなど一流選手として華々しい実績を残している。
また、伸び上がる速球を武器にする右腕・武藤 祐太(中日ドラゴンズ)は2013年に58試合に登板するなどプロ5年間で121試合に登板。来年以降の活躍にも期待がかかる。

 このように名のある一流選手を多く輩出している社会人出身選手。さて今年、ドラフト指名を受ける選手たちは、どのようにして各球団の主力選手へ成長を果たしていくか。10月22日はそのスタートラインとなる。

このページのトップへ

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

【関連記事】
第19回 まるでプロの先発投手!?西純矢(創志学園)はとてつもないパワーアップを遂げていた!【ドラフト特集】
第17回 社会人野球ドラフト特集「今年はポテンシャル重視の1年に」【ドラフト特集】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス「競争心を煽らせるために即戦力投手の指名を!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
井上 晴哉(崇徳) 【選手名鑑】
縞田 拓弥(東福岡) 【選手名鑑】
田嶋 大樹(佐野日大) 【選手名鑑】
田中 広輔(東海大相模) 【選手名鑑】
森 唯斗(海部) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラム