第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?2015年10月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]悲運の歴史は2005年から始まった
[2]2010年、伝説の3連敗
[3]単独1位候補に挙がる吉田 正尚は過去の例を見れば正しい選択

 ドラフトのだいご味といえば、クジである。ドラフト1位選手だけに行われる抽選。目玉選手が当たったときの気分はまさに有頂天。そんな気分を味わったファンも中にいるはず。しかしこの10年間、それを一度も味わっていない球団が1球団だけある。それがオリックス・バファローズだ。

 挑戦すること11回、すべて外れている。まさに不運の歴史を歩んできたオリックス・バファローズの過去10年のドラフト史を振り返っていくと、オリックスが取るべき戦略が見えてきた。それは「野手1位」である。なぜ野手を1位指名する必要があるのか。これまでの「負」の歴史を振り返りつつ説明していきたい。

悲運の歴史は2005年から始まった

T-岡田選手(オリックス・バファローズ)

■2005年
<高校生ドラフト>

辻内 崇伸大阪桐蔭) 巨人と競合
→1位 岡田 貴弘(T-岡田)(履正社

 負の歴史はここから始まった。オリックスは最速156キロ左腕・辻内 崇伸を1位指名。当時の辻内は高校生最速左腕として、その将来性を高く評価されていた。オリックスはエース候補として辻内を指名。そして抽選が行われたが、ここである事件が起こる。当時の中村 勝広GMが「当たりくじ」と勘違いをしてしまいガッツポーズを見せたのだ。しかし、実は巨人側が交渉権確定のクジを持っていた。

 中村GMが勘違いしたのには理由がある。このクジは当たり、外れとも右側に赤の丸い判子で「コミッショナー事務局の印」が押されており、当たりの場合だけ左側に「交渉権確定」の文字が刻印されているという紛らわしいものだったのだ。
これが事前に説明されておらず、中村GMは勘違いをしてしまった。何とも紛らわしいクジだが、これがオリックス最初の悲劇となった。ここから11連敗が始まることは誰も予想していなかったことだろう。

 だが結果的に外れて良かったともいえる。外れ1位で指名した岡田 貴弘はT-岡田と選手登録名を改め、2010年にパ・リーグ本塁打王を獲得し、現在通算105本塁打。大当たりといえるだろう。

■辻内 崇伸選手インタビュー(2009年07月01日公開)
■T-岡田選手インタビュー【前編】(2015年08月29日公開)
■T-岡田選手インタビュー【後編】(2015年08月30日公開)

■2006年
<高校生ドラフト>

田中 将大駒大苫小牧)横浜、楽天、日本ハムと競合
→1位 延江 大輔瀬戸内

 高校生投手では最も人気があった田中 将大を指名。しかしまたもクジを外してしまう。田中は新人王を獲得した後、球界を代表する投手へ成長し、2013年、24勝0敗という驚異的な勝ち星で東北楽天の日本一に貢献。そしてその年のオフ、ヤンキースへ入団した。もしマー君が当たっていたら・・・オリックスはどんな歴史になっていただろうか。

■田中 将大選手インタビュー(2013年03月02日公開)

■2007年
<高校生ドラフト>

中田 翔大阪桐蔭)阪神、ソフトバンク、日本ハムと競合
→1位 丹羽 将弥岐阜城北

<大学生・社会人ドラフト>
・大場 翔太(東洋大) 横浜、阪神、巨人、ソフトバンク、日本ハム と競合
・外れ1位 篠田 純平(日本大)広島、読売と競合
→小林 賢司(青学大)

 高校生ドラフトでは高校生ナンバーワンスラッガー・中田 翔を取り逃し、3連敗。中田はいまや球界を代表するスラッガーへ成長を遂げた。オリック入りしていれば・・・2008年に引退した中田憧れの清原 和博とプレーする可能性があった。また大学生・社会人ドラフトでも、大学生ナンバーワン右腕・大場 翔太を逃し、外れ1位でも、篠田 純平投手を逃した。指名した小林投手は一軍登板は2試合だけに終わる。

 クジ5連敗の後、2008年、2009年は単独指名を行い、2010年に再びアタックしたが・・・。

■中田 翔選手インタビュー(2014年07月18日公開)

このページのトップへ

プロ野球ドラフト会議2015特設サイト

【次のページ】 2010年、伝説の3連敗


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第5回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「若手が育つ球団になるには今季もスケール重視でいくべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第3回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「投手不足を今回のドラフトで解消できるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第2回 【小関順二のドラフト指名予想】オリックス・バファローズ編 「最下位脱出は全体の底上げが課題」【プロ12球団ドラフト分析2016】
大石 達也(福岡大大濠) 【選手名鑑】
岡田 貴弘(履正社) 【選手名鑑】
後藤 駿太(前橋商) 【選手名鑑】
高橋 周平(東海大甲府) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
辻内 崇伸(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
西 勇輝(菰野) 【選手名鑑】
丹羽 将弥(岐阜城北) 【選手名鑑】
延江 大輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山崎 福也(日大三) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム