第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」2016年10月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 12球団中、最も関心できるのが日本ハムの指名 その理由とは
[2] 今年もナンバーワンに向かう姿勢は貫いてほしい

北海道日本ハムファイターズ 今季戦績

 143試合 87勝53敗3分 勝率.621 パ・リーグ1位

12球団中、最も関心できるのが日本ハムの指名 その理由とは

大谷 翔平(北海道日本ハムファイターズ)

■課題

 12球団中、最も感心するのが日本ハムの指名だ。予算の大枠があるため一流選手ほど他球団にFA移籍し、超一流になるとポスティングシステムでメジャーリーグに移籍するのが当たり前になっている。

 FAで他球団に移籍したのは河野 博文(95年巨人)、片岡 篤史(01年阪神)、岡島 秀樹(06年レッドソックス)、小笠原 道大(06年巨人)、藤井 秀悟(09年巨人)、森本 稀哲(10年横浜)、建山 義紀(10年レンジャース)、鶴岡 慎也(13年ソフトバンク)、大引 啓次(14年ヤクルト)、小谷野 栄一(14年オリックス)、田中 賢介(12年MLBジャイアンツ)と多く、さらにポスティングシステムによるメジャー移籍はダルビッシュ 有(11年レンジャーズ)がいて、じきに大谷 翔平も続くだろう。

 06年は岡島、小笠原の移籍だけでなく新庄 剛志が引退して實松 一成が巨人に移籍している。これだけ主力が抜けてもリーグ優勝しているのが本当に凄い(前年は日本一)。

 一流選手ほどその後釜を常に用意しているというのは日本ハムの宿命だろう。FAは獲る側にならず選手補強のほとんどはドラフトによる。当然、ファームの育成力はスカウティングと並んで重要だ。

 巨人や阪神と違いじっくり腰を据えて若手を育成する余裕がなく、見切り発車的に70%くらいの完成度でも一軍に送り込み、一軍の指導者は若手の抜擢に躊躇がない。一流選手が長く在籍する巨人やソフトバンクは成熟したプレーをファンに見せられても、日本ハムは成熟したプレーでファンを魅了させることができない。若手をどんどん送り出すのでイキのいいプレーを楽しんでください、というのがフロントトップの偽らざる思いだろう。

【次のページ】 今年もナンバーワンに向かう姿勢は貫いてほしい


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第6回 白星発進!鈴木誠也(広島)に続け!大ブレイクを誓うU-23の戦士たち【侍ジャパン 世界一への道】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス「競争心を煽らせるために即戦力投手の指名を!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
浅間 大基(横浜) 【選手名鑑】
井口 和朋(武相) 【選手名鑑】
池田 隆英(創価) 【選手名鑑】
石川 直也(山形中央) 【選手名鑑】
石川 慎吾(東大阪大柏原) 【選手名鑑】
石川 亮(帝京) 【選手名鑑】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
上原 健太(広陵) 【選手名鑑】
宇佐美 塁大(広島工) 【選手名鑑】
上沢 直之 (専大松戸) 【選手名鑑】
太田 賢吾(川越工) 【選手名鑑】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
岸里 亮佑(花巻東) 【選手名鑑】
佐藤 正尭(愛知啓成) 【選手名鑑】
清水 優心(九州国際大付) 【選手名鑑】
高濱 祐仁(横浜) 【選手名鑑】
田中 正義(創価) 【選手名鑑】
田中 豊樹(佐賀商) 【選手名鑑】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】
姫野 優也(大阪偕星学園) 【選手名鑑】
平沼 翔太(敦賀気比) 【選手名鑑】
松本 剛(帝京) 【選手名鑑】
森本 龍弥(高岡第一) 【選手名鑑】
横尾 俊建(日大三) 【選手名鑑】
渡邉 諒(東海大甲府) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン

コメントを投稿する

コラム