グラゼニ・凡田夏之介コメント付き!ドラフト会議2012 12球団指名選手予想 中日ドラゴンズ編

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第10回 【ドラフト指名予想】 中日ドラゴンズ編2012年10月23日

将来性重視のドラフトで、3年後へ大きな望みをつなぐ!

 今季2位の中日ドラゴンズ。成績を振りかえると、昨年は75勝59敗の勝率.560に対し、今年は75勝53敗の勝率.583と昨年よりも、やや上回った。
 04年から8年間監督を務めた落合博満氏が退任し、注目されたシーズンだったが、後を引き継いだ髙木守道監督がチーム力を維持し、2位にとどまったのは評価するべきだろう。今年は戦力層の薄いポジションを埋めるドラフトをしていきたい。

【目次】
[1] 今季の戦力分布を振り返る
[2] 1位は東浜巨、外れ1位は福谷浩司
[3] 2位は濱田達郎を狙え!/3位は東海地区№1の大型捕手!
[4] 中日ドラゴンズ ドラフト会議2012指名選手予想/グラゼニ・凡田夏之介のコメント

今季の戦力分布を振り返る

総選手数 60人(日本人57人、外国人3人)

投手 31人(日本人29人、外国人2人)
右投げ 20人
〜24歳 9人(武藤祐太、辻孟彦、田島慎二、伊藤準規、西川健太郎、川崎貴弘、宋相勲、関啓扶、小熊凌祐)
25〜30歳 8人(岩田慎司、矢地健人、山内壮馬、吉見一起、浅尾拓也、清水昭信、鈴木義広、中田賢一)
31歳〜 3人(朝倉健太、山井大介、川上憲伸)
左投げ 9人
〜24歳 3人(小川龍也、大野雄大、岡田俊哉)
25〜30歳 1人(髙橋聡文)
31歳〜 5人(山本昌、岩瀬仁紀、雄太、三瀬幸司、小林正)
外国人投手 2人
  ソーサ(35歳・右投げ)、ソト(30歳・左投げ)

捕手 7人
右打ち 5人
〜24歳 1人(福田永将)
25〜30歳 2人(田中大輔、前田章宏)
31歳〜 2人(小田幸平、谷繁元信)
左打ち 2人
〜24歳 0人
25〜30歳 2人(松井雅人、吉田利一)
31歳〜 0人

内野手 15人(日本人14人、外国人1人)
右打ち 9人
〜24歳 3人(吉川大幾、堂上直倫、森越祐人)
25〜30歳 3人(谷哲也、岩﨑達郎、柳田殖生)
31歳〜 3人(荒木雅博、井端弘和、山﨑武司)
左打ち 4人
〜24歳 1人(高橋周平)
25〜30歳 2人(中田亮二、岩﨑恭平)
31歳〜 1人(森野将彦)
外国人内野手 3人
  ブランコ(32歳・右打ち)

外野手 7人
右打ち 3人
〜24歳 0人
25〜30歳 2人(平田良介、松井佑介)
31歳〜 1人(和田一浩)
左打ち 3人
〜24歳 0人
25〜30歳 3人(大島洋平、野本圭、堂上剛裕)
31歳〜 0人
両打ち 1人
31歳〜 1人(藤井淳志)
外国人内野手 3人
  ディアス(31歳・右打ち)

 中日ドラゴンズの戦力分布をみると、下記4点が気になる。

・30歳以下の左投手の層が薄い
・外野手が全体で僅か8人しかいない
・谷繁の後継者となる捕手は?
・先発候補が心もとない
・24歳以下の左打ち内野手が高橋周平のみ

 これらを今年の補強ポイントと考えて、1つずつ整理していくと、まず左投手は30歳以下が4人である上に、今年は左投手2人を戦力外とした。そのため、左腕は早急に獲得しなければならないだろう。また、僅か8人しかいない外野手も、少なくとも一人は指名するべきだ。
 そして、谷繁の後継者となる捕手を指名したい。今年も捕手の出場は谷繁の135試合が最も多く、次に多かったのは小田で35試合。谷繁は42歳、小田も35歳となかなか若手から正捕手候補が出てこない現状だ。

 4つ目は先発候補が少ないこと。今季、規定投球回(144回)に達したのが山内のみ。エースの吉見は13勝を挙げたものの、規定投球回に僅かに及ばず138回。中田は7勝を上げたが、こちらも僅かに及ばず140回。
 他では5勝5敗の岩田(108.1回)、2年目を迎え、来年の飛躍が期待される大野の44.2回。そしてCSの巨人戦で好投した伊藤だが、レギュラーシーズンは僅か2試合の登板に終わっている。実質、年間通してローテーションを投げることが出来たのは山内、吉見、中田の3人のみ。先発が固定されないまま2位になることができたのは、チームの地力があることを示している。来年は吉見、山内、中田、大野、伊藤、岩田の6人で先発ローテーションを構成していくと考えられるが、やや心許ない。そのため右の先発候補を獲りに行くことが考えられる。

 5つ目は24歳以下の左打ち内野手が高橋 周平しかいない点については、無理をしてまで獲得しなくても良いだろう。24歳以下の右打ち内野手が3人いることと、内野手の戦力外が現状で一人もいないことを考えると、優先度は補強ポイントの中で一番低い。

 まずは、今年のドラフトでは、最も優先度の高い、30歳以下の左腕投手を補強したい。

このページのトップへ


グラゼニ特設応援サイト

【次のページ】 【ドラフト指名予想】 中日ドラゴンズ編(2)


【関連記事】
第19回 独立リーグドラフト特集「シンデレラボーイ・伊藤翔、不屈の剛速球右腕など逸材ぞろい!」【ドラフト特集】
第18回 いよいよドラフト!魅力なパフォーマンスを持った大学生たち【ドラフト特集】
第17回 社会人野球ドラフト特集「今年はポテンシャル重視の1年に」【ドラフト特集】
第2回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「超高校級選手の獲得が必須」【プロ12球団ドラフト分析2017】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「最優先は即戦力投手か」【プロ12球団ドラフト分析2017】

コメントを投稿する

コラム