川満 寛弥

川満 寛弥

川満 寛弥

大学:
九州共立大学
所属リーグ:
福岡六大学野球連盟
出身校:
宮古総合実
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
186cm
体重:
71kg
寸評
まさに見栄えするストレートであった。九州共立大学の左腕・川満寛弥。186センチと長身で、手足が長く、身のこなしが柔らかく、出所の見難い投球フォーム。素材としては申し分ない。何よりも球速表示以上を感じさせるストレートに次々と打者が空振りしていった。私は高く評価したのだが、生で見た平塚合宿ではやや疲れ気味だった影響か、それほどの凄みを感じなかった。万全を期して臨んだ神宮大会では目覚ましい投球を見せてくれた。

春先よりもストレートの球速、球威、回転、コントロールが着実に向上し、ストレートが際立つ投手に成長を遂げていた。個人的な評価として川満寛弥は来年の上位候補と断言出来る投手だ。彼が一位候補に挙がっても文句はない。

(投球スタイル)
ストレート 142キロ
常時135キロ~140キロ
カーブ 100キロ~110キロ前後
スライダー 120キロ前後
フォーク 125キロ前後
ゆったりとした始動からリリースでぐっと力を入れる。ゆったりとした投球間隔・開きが小さいフォームから投じるために140キロ前後でもストレートのキレだけではなく、打者の予測を超え、空振りを繰り返す。春よりもストレートのキレ、球威は着実に向上している。スライダー、カーブ、フォークのキレは一定のレベルに達しているが、個人的にはカーブをもっとマスターすると投球は楽になっていくのではないだろうか。カーブで三振を奪える時になった時はさらに投球が楽になっていくはずだ。

どれだけ際立っているかを打ち取った球種・コースも提示していきたいと思う。客観的な数字で説得力が増すというものだ。そして変化球も提示したい。

ストレート 三振5(外3、中、内2) 内野ゴロ1(中1) 内野フライ(外1) 外野フライ1(外1) 
カーブ   三振2(外1、中、内1)、内野ゴロ3(外3、中、内)、内野フライ(外1、中、内) 外野フライ(外、中、内) 
スライダー 三振2(外1、中、内1)内野ゴロ(外1)
フォーク 三振1(外1)
四死球4 

ストレートで奪った5三振のうち、空振り三振は4つ。彼は狙ってストレートで空振り三振が奪えるキレのあるストレートを持った投手であり、またストレートで空振りを奪うためにフォームを見難くしたり、ストレートを速く見せるためにカーブ、スライダーを混ぜて目先を変えたりしている。変化球で配球を組み立てていても、空振りを奪うことが出来ている大きな要因になっているのは外角アウトローに制球出来る制球力であり、ピンポイントで三振を奪うことが出来ているのだ。どんなに速いストレートを投げようと高めにすっぽ抜けるのは高いレベルでは通用しない。彼の三振の奪い方の内容は濃いのである。

 変化球はコーナーに散らして内野ゴロに打たすことが出来ているが、三振が奪える球種を一つないし二つは確立したいところ。個人的にはカーブを三振に奪える球種として確立してほしいところ。カーブをマスターして、緩急を付けるのが上手くなったら、奪三振率はさらに高まる。

(クイックタイム・フィールディング)
クイックは1.3秒~1.4秒前後とあまり速くない。自分の間合いで投げることができている投手で、適度に牽制を入れていく。クイックはあまり速くないし、俊足走者にとっては走りやすい投手に見える。フィールディングの動き自体は良い。長身の割に身のこなしは良い。

(投球フォーム)
ノーワインドアップから入る。ゆったりと右足を上げていき、左足は一本足で立つ。ゆっくりと右足を二塁方向に伸ばしながら、重心を下げていく。お尻が先行して落ちていくヒップファーストができている。身体の沈み込みは丁度良く、膝の折れも小さくなった。角度を意識して、ステップ幅自体は広くない。それでも柔軟に接地することが出来ている。

右腕にグラブを斜めに伸ばして打者と正対せず、引き込んでいく。開きを抑えることができており、右肩の開きが遅くなっている。コンパクトにテークバックを取って、しっかりとトップを作り、リリースしていく。リリースは実に粘っこく、球持ちは良い投手で、しなやかに腕を振り抜くことができている。最後のフィニッシュでも踏み込み足がぐっと体重が乗り、終えることができている。

出所の見難さ・腕の振りのしなやかさ・球持ちの良さを存分に活かした投球フォーム。春では体重移動のロスを感じたが、ぐっと体重が乗るフィニッシュになってきた。
将来の可能性
 春先から着実な成長を見せているといえる。長身・出所の見難いフォーム・フォームの柔らかさ・外角の制球力・球速表示以上を感じさせるストレートとスカウト好みする要素が満載で高い評価を受けるのも頷けるし、個人としては上位候補で獲りたいと思わせる投手だろう。

課題としてはクイックの遅さ・変化球の切れ・スタミナを磨くことに尽きるだろう。目に見えるストレートの球速についてはあまり気にしていない。トレーニングによって自ずと伸びていくと思うし、球速に拘りすぎて、自分の型を崩してほしくない。

 来年は世界大学選手権が開かれる。恐らく彼は代表候補に挙がっているであろう。彼は今年の秋に行われたワールドカップに大学生として唯一の代表選出。2試合に登板し、7イニングを投げて9奪三振を奪ったものの、7自責点とほろ苦い国際デビューとなった。世界の強豪のレベルを肌で感じた男が、更に大きくなり、アメリカ、キューバを抑え込む姿を見たいと思わせる可能性を持ったサウスポーだ。
情報提供・文:2011.12.31 河嶋 宗一
コメント (1)
なし2012.10.26 高校の後輩
プロのマウンドで活躍する先輩を早くみたいです!
千葉リよー!!

コメントを投稿する