加美山 晃士朗

加美山 晃士朗

加美山 晃士朗

大学:
帝京大学
所属リーグ:
首都大学野球連盟
出身校:
関西創価
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
177cm
体重:
68kg
寸評
 来年のドラフト候補として取り上げておきたいのは加美山 晃士朗である。この秋から台頭した左腕だが、投球の完成度の高さ、投球以外の技術の高さは来年の大学生左腕でも上位ではないだろうか。まだ体力的な部分が課題だが、その体力面を克服し、投球に反映されるようになるとドラフト指名候補は揺るぎないものになっていくのではないかと期待している。

(投球スタイル)
ストレート 143キロ
常時135キロ~140キロ
スライダー 125キロ前後
フォーク 120キロ前後
シュート 130キロ前後
カーブ 105キロ前後
ストレートは135キロ~140キロ前後を計測。左投手としては及第点を与えられる球速。内外角にしっかりとコントロール出来ているのも丸。変化球は4種類あり、しっかりと投げ分けられるのも魅力的。ストレート一辺倒にならず、ストレート、変化球を内外角に投げ分けながら、バリエーションの広い投球を演出。

 マウンド捌きは安定しており、塁上の走者を背負っても自分の間合いで投げることが出来ており、低めに丹念に投げ分け、打たせて取る投球が出来ているのが良い。

(配球)
・右打者
外角にストレート、シュート、カーブ、フォーク。内角にはストレート、スライダーを投げ分ける。打者を見て、球種を選択し、膝もとが苦手な選手にはカーブ、フォーク、外の捌きが苦手な選手にはストレート、スライダー、シュートで外す投球を見せている。どんな球種でもストライクが取れるので、投球の組み立てがしやすい。
・左打者
外角中心にストレート、スライダーを投げ分ける配球。左打者には内角に投げ込む比率は少なくなる。左打者相手にはテンポ良く投球を組み立てていき、あっという間に自分のペースで投げ込んでいく。相手が粘って、自分の間合いを保って投球ができるかかかっているだろう。

(クイック・フィールディング)
クイックは1.05秒~1.15秒台と素早いクイックが出来ており、牽制もしっかりと入れる。フィールディングの動きも良い。
(投球フォーム)
投球スタイルは実戦的だが、フォームは実に豪快。線は細いが、中々力強いフォームをしている投手である。

ノーワインドアップから始動する。右足を真っすぐ上げていき、左足は一本足で立つ。右足は三塁側に向かって伸ばしていき、お尻を落としていき、前膝を柔軟に送り込んで着地する。軸足は深く折り曲げて、膝小僧が付くぐらいに膝を曲げている。おそらく低めの制球力を意識しての軸足の折り曲げだろう。テークバックはやや大きく取っていく。回旋自体は内旋で、普通だ。腕の振りを見ていくと体の近くで腕を振らず、やや外回りで強く振り抜く。そのため肘だけではなく、肩にも負担がかかるフォームであり、よほど肩が上部で、しっかりとケアをしなければならば故障しやすいリスクが付きまとうので、しっかりとケアに努めたい。右腕のグラブを斜めに伸ばしていき、開きを抑えていく。
将来の可能性
 まだストレートの威力、球速はドラフト候補としては物足りない点はあるが、私が期待する成長曲線に達することが出来れば、ドラフト指名も十分に考えられる左腕であると評価する。彼には両サイドに投げ分ける制球力があり、使える複数の変化球を有していること。投球以外の技術も高い。投球フォームはややリスクが大きいフォームが懸念材料だが、よほどのことがない限り、いじる必要はない。投球が出来る投手なので、プロにとっては仕込みやすい投手であると思う。

 ただ実戦を売りにする左腕はプロでは特徴のない左腕に転んでしまうケースが見られるだけにプロでも存在感を示すにはアマチュアレベルで圧倒出来るだけのストレートの切れは身につけてほしいところ。来季のリーグ戦では春からアピールし続け、ぜひドラフト指名候補に名乗り挙がることを期待したい。彼はプロ入りに挑戦出来る素質がある!
情報提供・文:2011.11.30 河嶋 宗一

コメントを投稿する