山本 拓治

山本 拓治

山本 拓治

大学:
大東文化大学
所属リーグ:
首都大学野球連盟
出身校:
宿毛
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
72kg
寸評
 一部昇格の原動力となったエース。体を沈みこませてから投げ込む右腕で、首都大学連盟としては数少ない140キロ台を計測する投手だ。

(投球スタイル)
ストレート 143キロ
常時130キロ後半~140キロ前半
スライダー 120キロ前後
チェンジアップ 120キロ前後
ツーシーム 130キロ前後
ストレートは常時135キロ~140キロを計測。腕の振りはさすが、常時140キロを計測するだけあり、力強い。135キロ前後の投手が多い首都大学の投手の中では明らかに勢いが違う。将来的には常時140キロ・145キロを計測する可能性を秘めているのではないだろうか。

変化球はスライダー・チェンジアップ・ツーシーム。フォーク、カーブは投げず、基本的に横の揺さぶりで勝負していく投手だ。特に決め球と呼べる変化球はなく、来季へ向けてウイニングショットと呼べる変化球を習得していくことが課題になるだろう。

(クイックタイム・フィールディング)
クイックタイムは1.2秒前後と素早いクイックが出来ている。フィールディングの動きも悪くない。牽制を適度に入れていく。

(配球)
・右打者
外角中心にストレート、スライダー、チェンジアップで構成していく。右打者には投げ分けは出来ており、大きく制球力を乱すことは少ない。
・左打者
左打者にはストレートを内外角に投げ分けて、外にスライダー、ツーシームを投げ分けて打たせて取る配球だ。左打者も横の揺さぶりで勝負を仕掛けていくが、力み過ぎてストレートが高めに浮いて痛打されることが多く。どちらかというと左打者の被安打率は高くなる投手であると考える。


基本的に横の揺さぶりで勝負していく投手だが、まだ緩急がなく、投球の幅は狭い。チェンジアップを磨き、カーブを習得していけるといいだろう。相手の打ち気を逸らすようなチェンジアップをマスターすることが出来れば大きい。

(投球フォーム)
体を沈みこませて、下半身主導で動いていくフォーム。表現は難しいが、個性的なフォームで投げていく。

セットポジションから始動する。左足を勢いよく上げていき、右足の膝を適度に曲げてバランス良く立つ意識は見られるが、やや体が突っ込む癖があるので、気を付けていきたい。左足をショート方向に向かって伸ばしていき、体を沈みこませて、着地を取っていく。

左腕のグラブをまっすぐ伸ばして正対させていき、左肩の開きが早くなっており、出所が見やすい形となっている。テークバックをコンパクトに取っていき、トップを作り、リリースに入る。リリースの角度はそれほど高くなく、回旋もスムーズで腕が振りやすい位置で投げているだろう。最後のフィニッシュでも踏み込み足が設置し、腕が絡んでおり、フィニッシュの形は悪くない。
将来の可能性
首都大学連盟において数少ない140キロ台を計測する投手であるが、投球術、制球力、実績において物足りない点が多く、個人的には大卒プロという雰囲気は感じない。それでも社会人で続けていける実力は十二分に持っているので、来年は勝負の1年と銘打ち、この冬は真剣に取り組んでもらい、大きく成長した姿を見せることを期待したい。
情報提供・文:2011.11.30 河嶋 宗一

コメントを投稿する