玉造 直人

玉造 直人

玉造 直人

大学:
国際武道大学
所属リーグ:
千葉県大学野球連盟
出身校:
小見川
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
170cm
体重:
68kg
寸評
 まさに叩き上げの投手だ。高校時代は130キロ台後半を投げる投手として注目されていたが、無名の投手。最後の夏は3回戦敗退の投手であった。千葉県の高校野球ファンでも彼の投球を知る人は殆どいないのではないだろうか? 彼のような投手が全国のエリートが集う国際武道大学で、台頭することは凄いことだ。今では球速は140キロ中盤に達し、2年秋の社会人対抗戦でほぼストレート一本で、抑え込んだという。無名の公立の投手がリーグ屈指の右腕に成長した努力は高く評価するべきであろう。しかし未だ彼は全国の舞台を踏めていない。来年は全国へ向けて集大成を見せる。

(投球スタイル)
マックス144キロ
常時130キロ後半~140キロ前半
常時135キロ~140キロを計測。
スライダー 120キロ前後
カーブ 100キロ前後
カット 135キロ前後
ツーシーム 135キロ前後
 体全体を使って投じるストレートの威力は千葉県リーグ屈指。常時140キロ台を投じるストレートの馬力は確かなものがあり、彼が3年間、鍛え抜いた証であろう。将来的には最速140キロ後半まで速くなっていく可能性は秘めている。ただコントロールはまだアバウトで、高めに浮くことが多く、ヒットはストレートを打たれることが多い。自信を持って投げるストレートが痛打される。なぜ打たれるかを考えていかなければならないだろう。

 特にスライダーの曲がりは大きく、鋭角に曲がる。このスライダーは大きな武器になるし、カーブの切れも緩くではなく、小さく切れるものであり、中々使える球種。力強いストレートを投げる中でもカットボールを混ぜて芯を外す狙いも見える。

 変化球を混ぜた時の配球は千葉工業打線を少ない球数で打ち取ることが出来ており、特に3回の裏に4番佐々木に対して、スライダー、スライダーで追い込んで、最後は高めのストレートで空振り三振に取る配球は痛快であった。

 クイックは1.2秒と標準のクイックは出来ており、牽制は適度に入れていく。フィールディングの動きも素早く、身のこなしの良さを感じさせた。

(投球フォーム)
 彼は豪快に振り被って投げ込む投手であると思ったが、バランスを意識しているのかセットポジションからの始動。

 足の引き上げを行わず、ランナーがいなくてもクイックに近いフォームから投げ込んでくる。普通ならば足を大きく上げて、軸足に体重を乗せて、体重移動を行って投げていく。ただ大きく足上げを行って、その大きなパワーを捻出出来るかはその後の体重移動が決め手になる。大きく足上げを行って、体が突っ込んでも意味は為さない。彼が常にクイックに近い形で投げているのはお尻が先行するヒップファーストを行い、スムーズに体重移動を行うために今のフォームに落ち着いたと考えられる。

 左腕のグラブを真っすぐ伸ばしていき、打者と正対する。テークバックは小さく取ってしっかりとトップを作り、リリースに入る。肘を支点として打者寄りでリリースすることが出来ており、下半身の力を指先に伝えることは出来ているといえる。ただ膝小僧が付くまでに沈み込みをしているので、オーバースローでも角度は小さくなってしまう。角度が小さいと打者からすれば目線は合いやすく、捉えるのは難しくない。球威だけではなく、低めの制球力を磨いて、打者を交わしていく投球術も磨きをかけなければならないだろう。
将来の可能性
 ストレートの球速・球威は千葉県リーグではトップクラスであり、変化球の完成度もなかなか高く、嵌れば2年前の社会人の対抗戦で抑えており、投球が出来る投手だ。彼の課題は浮き沈みの激しさ。私が見た試合では完封して見せたが、それ以外の試合では大荒れの投球で、全く投球になっていないこともあったようだ。

 既にストレートはドラフト候補クラスなので、あとは相手打者に目を向けてどう抑えていくかを探究してほしい。今の実力・知名度で、ドラフト指名されるかは未知数。アピール出来る機会が来春のみ。大学選手権に出場することが彼の評価を高めるチャンスになる。

 来年は4年間の集大成を見せ、ドラフト候補に名乗り挙がることを期待したい。
情報提供・文:2011.12.27 河嶋 宗一

コメントを投稿する