上本 崇司

上本 崇司

写真のご提供をお願いしております。こちらまで

上本 崇司

大学:
明治大学
所属リーグ:
東京六大学連盟
出身校:
広陵
ポジション:
二塁手
投打:
右/右
身長:
170cm
体重:
68kg
寸評
 阪神で活躍する上本博紀の弟として有名な選手だが、私自身、彼を注目して見たことがない。記憶に残っているのはあの大石達也からホームランを打ったぐらいである。神宮大会決勝戦の三塁打と華麗な二塁守備に目が留まったが、ドラフト候補として意識するか迷うところである。ただ秋の模様を見直して、昨年に比べると打撃面で着実に成長を示すことが出来ている。こうしてドラフト候補として注目されることは彼にとってモチベーションが上がることであろう。注目される今年に積極的に売り込んでいきたい内野手だ。
(打撃)

 ここまで通算打率.190。3年秋に打率.280と自己最高打率を記録したが、他の内野手を押しのけてまで指名させる数字ではない。彼のポテンシャル・打撃スタイルからしてずば抜けた打撃成績は求めていない。プロに進んでも2番か、下位打線。となると打率三割前後・出塁率の高さ・犠打の正確さ・状況判断に応じた打撃も含めてみていかなければならない。成績だけ見たら、弾かれるような選手だが、スカウトがどう判断するかによる選手になるだろう。

 スタンスはスクエアスタンス。グリップは肩の位置に置いて背筋を伸ばして構えている。グリップを揺らしながらタイミングを測る。投手の足が着地したところから始動を仕掛けて小さく足を上げて真っすぐ踏み込んでいく。始動の仕掛け自体は遅く、結構振り遅れるような打撃が多い。彼は意図的に振り遅れており、手元までボールを見極めて打ち返している打球が多い。

 トップの動きを見ていくとトップをグイっと引いていくが、グリップが入っており、インコースの捌きには窮屈になっている。インパクトまではそれほどロスはない。スイングの速さも下級生だったころに比べると鋭くなり、打球自体も強くなってきた。また前よりも体が突っ込むことが少なくなり、ヘッドが残って、カーブを流し返す打撃が出来るようになった。

 繰り返すが、彼のような小柄な打者が出来ることは限られる。一発長打ではなく、いかに相手にとって嫌がる打撃が出来るか。打ち取ったと思わせる球をヒットにさせるしぶとさ、中々打ち取れない粘り強さが求められるだろう。だが、六大学ならば最低でも三割を残せるアベレージが欲しいところだ。

(守備・走塁)
 打球に対する反応は良く、守備範囲は広い。センター寄りの打球に対しても、逆シングルで捕球し、ワンバウンド送球でアウトにしたワンプレーがあった。無理をせずにどんな送球をすれば刺せるかをしっかりと心得ているように見えた。前の打球に対してもエラーすることを恐れず、アグレッシブに突っ込み、軽快に処理。躍るような守備を見せており、守備範囲の広さは中々のものがある。

 塁間タイムは4.20秒前後。ここまで14盗塁。昨年秋は4盗塁と盗塁を仕掛けていく選手のようだ。
将来の可能性
 今まで彼をドラフト候補として見たことはなかったので、守備の巧いセカンドとして見ていなかったが、映像を振り返ると着実に打撃の内容は向上している。打撃はさらに完成度を高め、二季連続で三割前後を打ってほしい。小柄な選手なので、他の内野手にはない強みが欲しいところ。人よりも盗塁を多く決められる、誰よりもうまくバントを決められる。誰よりも堅実な守備が出来る。実戦的な部分で強みを発揮出来ると彼の評価は高まっていくだろう。

 将来の長距離砲でも、中距離打者でもない守備型の内野手だが、走攻守すべてでドラフト候補に相応しいパフォーマンスを示すことが出来るか。勝負の二年目である。
情報提供・文:2012.01.21 河嶋 宗一

コメントを投稿する