東浜 巨

東浜 巨

東浜 巨

大学:
亜細亜大学
所属リーグ:
東都大学野球連盟
出身校:
沖縄尚学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
181cm
体重:
76kg
寸評
 沖縄尚学時代からドラフト上位候補として注目を集めてきた東浜 巨。斎藤祐樹、野村祐輔と同じく総合力で勝負する投手。その系統としてはNO.1の投手だと思っている。調子が良い時は全く打たれる気がしない。試合を支配しており、自分の世界に入っている。好調時の東浜を見ると打者は受け身の存在だということに改めて気付かされる。そんな凄味を持った投手だったが、昨年度の投球は東浜らしさを欠けた投球で、面白みがなかった。本来の出来ではなくても、抑えてしまう投球の上手さがある。しかし今のままでは世代NO.1というのは寂しい。今年こそ4年間の集大成を見せてほしい思いがあるのだ。
(投球スタイル)
ストレート マックス146キロ
常時130キロ後半~140キロ中盤
スライダー 125キロ前後
カットボール 135キロ前後
チェンジアップ 120キロ前後
ツーシーム 135キロ前後
カーブ 105キロ前後

 彼のストレートは高回転がかかったキレのあるストレートだ。空振りを奪うことが出来るストレートで、爽快感がある。ただ私が見る試合では素晴らしいと思うストレートは少なかった。疲労が影響しているのか、高めにすっぽ抜けることが多く、安定感を感じない。3年の東浜はストレートに一番の物足りなさを感じた。

 変化球は5種類と多彩。大きく曲がるスライダーのキレ味は抜群。右打者にも、左打者にも使える球種で、相当打ちづらい。カットボール、ツーシームは彼が投球を組み立てる上で欠かせない球種。特にツーシームは変化量を変えており、小さく曲げたり、大きく曲げている。左打者に活用しており、これも打たれることが少ない。さらに手元で落ちるチェンジアップもある。

 変化球の切れ、コントロールは文句なし。さらに使い方も上手く、引き出しが広い。投球術については2012年度の大学生右腕では文句なしのNO.1であることは間違いない。
(クイックタイム・フィールディング)
 クイックタイムは1.05秒前後と超高速クイックが出来ている。ランナーを出してからの制球力が課題だが、それは直っておらず、まだ高めに抜けることが多い。牽制も鋭く入れており、フィールディングも機敏で、セットに入ってからの制球力以外は完璧だ。

(打者への攻め)
・右打者
 攻めは多彩。基本は外角中心にストレート、スライダー、チェンジアップを投げ分けていきながら、時折、目先を変えるためにカーブを交えてストレートを活かす投球を見せている。引き出しが広く、全ての球種で打者を打ち取る巧さがある。
・左打者
 個人的には右打者よりも左打者の方が多彩だ。ストレートは両サイドに厳しく攻め込んでいき、内角にはスライダー、カットボール。外角にツーシームを投げ分けて、狙い球を絞らせない投球が出来ている。

投球の幅がかなり広く、変化球はどの球種でも打ち取ることが出来る精度の高さを誇る。むしろ狙い球は見せ球に使っているストレートで、結構甘いストレートが多い。
(投球フォーム)
 ゆっくりと大きく振りかぶる。そこから左足をゆっくりと上げる。左足が上がりきるまで実にゆっくりだが、止まっておらず、二段モーションではない。左足が上がり切ったところを見ると、軸足はしっかりと立ち、体重が乗っている。

 左足をショート方向に伸ばしながら、お尻がホーム方向に落ちてヒップファーストが取れている。膝の関節を伸ばして着地を遅らすことを図っている。重心を低くし、ステップ幅を少し広げている。左腕の使い方がうまく、左胸にしっかりと抱え込み、開きを抑えることが出来ている時は良い東浜。しかし3年時は調子が悪い時が多く、開きが早くなり、押し出すような投げ方につながっている。

 コンパクトにテークバックを取っていき、トップではしっかりと肘を上がり、胸を張っている。そしてぎりぎりまでボールを放さず、打者の近くで一気に離す。球持ちは良く、これほど前で離すことが出来る投手は中々いないが、それでいて強く腕が振れるのも素晴らしい。好調時のフォームは流れるような動作から余計な力みもなく放る事が出来ているが、今年は力みが見えて、押し出すリリースになっていた。

 体重移動は問題ない。上手く前へ推進出来るフォームになっている。無駄のないフォームを意識するというのだが、私が見る試合はロスがあるフォームで、彼に取って調子の悪い試合だったのかもしれない。まだ彼のフォームは完璧ではないということだ。
将来の可能性
 3年時の彼は満足行くものでなかったのかもしれないが、それでも今年度の大学生ではトップクラスの投手であることは間違いない。3年時の内容は野村と比較したら、野村の方が上であると思うが、完成形は野村を凌ぐのではないかと思っている。彼の良い時は相手を寄せ付けない素晴らしい投球を見せてくれるからだ。

 問題は勤続疲労により、パフォーマンスが低下していないか心配になるところ。彼は試合前日にかかわらず、かなりの球数を投げ込むという。妥協をせず、自分を追い込む出来る人間性は素晴らしい。しかしそれが彼の肩、肘に負担を掛けるならば、やはり調整法を考え直さなければ駄目であると思う。

 通算防御率1.23、17完封は前人未到の成績。それは認める。しかし何故か甘さが見えるのは「17敗」という数字が示しているのではないだろうか。

 これは東浜だけではなく、チームにも言えることで、なんでもないエラーから失点を重ねる姿を見ると、残念に思う。東浜も、チームも、甘さが見えるのだ。本当に強いチームは10勝0敗及び10勝1敗で優勝出来るチームだと思う。彼が文句なくNO.1投手と呼べる時は無敗か、1敗でシーズンを終えた時だろう。既に一流だが、さらに上のステップに行くには殻を破ってほしいところ。ぜひ今年は4年間の集大成と呼べるような素晴らしいピッチングを見せてほしい。
情報提供・文:2012.02.18 河嶋 宗一

コメントを投稿する