四国アイランドリーグを100倍楽しむコラム

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第2回 国際化志向のBCリーグ2013年09月30日

【目次】
[1]国際化に力点を置くBCリーグ
[2]進む選手獲得の多国籍化と背景

国際化に力点を置くBCリーグ

 現在のアイランドリーグとBCリーグのビジネス戦略を見た場合、どちらかと言えアイランドリーグは地域密着、BCリーグは国際化に力点を置いているように映る。

 昨シーズン、実に42人の外国人選手が両リーグでプレーした。この時点では、のべ人数的にはBCリーグより少ないが、アイランドリーグは、広島カープとの提携により、同球団のドミニカアカデミーから選手を受け入れたり、リーグがアメリカをフィールドとする代理人を通して外国人選手を一括採用するなど、リーグ挙げての選手獲得網の国際化に舵を切っていた。これはプロ経験豊富な外国人を受け入れ、彼らのNPBへの「移籍金」を新たな収入源にしようというもので、現実に香川OGからは、昨シーズン途中にアメリカ独立リーグでくすぶっていたイタリア人投手、アレックス・マエストリをNPBオリックスに送り出している。

アレックス・マエストリ選手
現オリックス、IL香川OG時代

 しかし、今年に関しては外国人選手の数は前年比で激減している。カープアカデミーからの選手受け入れは継続しているものの、リーグによる代理人経由のアメリカからの選手獲得は中止したという。こういう形での獲得では、来日する選手の「助っ人」的な意識が高く、「チャレンジの場」を提供しているというリーグのコンセプトと折り合わないことが多かったようだ。

 一方、外国人獲得策についても、各球団まかせで国際化路線について一歩出遅れた感のあったBCリーグは、今年は大胆な国際化戦略に乗り出している。

 外国人選手獲得については、アイランドリーグがアメリカ経由の「従来型」ルートを模索したのに対して、昨年時点ですでに「多国籍化」の方向性が見えていた。先述のとおりBCリーグの外国人獲得は各球団に委ねられている。新潟ABC、福井ミラクルエレファンツの両球団については、外国人獲得は基本的に行わない方針だが、それでも日本育ちの台湾人、ウクライナ人が2012年シーズンに在籍していた。この両球団に比べて外国人獲得に積極的だったのは、群馬ダイヤモンドペガサス(以下群馬DP)と石川ミリオンスターズ(以下石川MS)である。

 群馬DPは昨年実にのべ9名の外国人選手を獲得した。中でも目立つのは2人のフランス人選手。野球後進国であるこの国からの選手受け入れが、純粋な戦力補強よりも、話題作りの意味合いが濃かったことは球団首脳も認めている。将来的なビジョンの可能性として、という断り付きではあるが、球団では、派遣元の野球連盟から「授業料」を受け取って野球後進国の選手を受け入れ、「プロ体験」を積ませるということも考えていたようだ。


【次のページ】 国際化志向のBCリーグ(2)


【関連記事】
第10回 信濃グランセローズ シーズン展望【シーズン展望・総括】
第8回 群馬ダイヤモンドペガサス シーズン展望【シーズン展望・総括】
第9回 石川ミリオンスターズ シーズン展望【シーズン展望・総括】
第6回 福井ミラクルエレファンツ シーズン展望【シーズン展望・総括】
第7回 新潟アルビレックス シーズン展望【シーズン展望・総括】