第5回 【坂口裕昭の北米探訪記】 ニュージャージー・ジャッカルズ戦 「慣れない環境の克服 ~その先にあるもの~」(第2回)2015年06月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
坂口裕昭の北米探訪記

慣れない環境で実力を発揮するという能力

 海外に行くと必ず立ち寄る場所がある。何も特別な場所ではない。地域のどこにでもある、普通のスーパーマーケットである。店内の雰囲気、陳列されている商品の種類、商品の価格、そして、売場やレジで働く店員。スーパーマーケットは、その土地に暮らす人々の文化を生々しく映し出す鏡であり、その土地を知るのに最適な空間なのである。

 今回の北米遠征に参加している四国アイランドリーグplus All Stars(以下「IL選抜」)の選手のうち約6割は、海外に行くこと自体が初めてというメンバー。気候、食事、言葉。慣れない環境に戸惑いながら生活し、その中で、野球に打ち込み、連戦に臨んでいる。もちろん、日々、宿舎近くのスーパーマーケットで買い物もしている。

 IL選抜の選手たちには、野球という狭い観点からだけではなく、生活、文化の観点からも、異文化交流を積み重ね、人間として大きく逞しく成長して欲しいと願っている。

試合の様子

 北米遠征第2戦の対戦相手は、初戦に続き、ニュージャージー・ジャッカルズ。
結果から言えば、IL選抜は、この日まで9連勝と波に乗る首位ジャッカルズに1-6で敗戦(試合レポート)。北米遠征は、連敗スタートとなった。この試合では好対照な2人の選手に注目したい。一人は松澤裕介(香川オリーブガイナーズ)、もう一人は福永春吾(徳島インディゴソックス)である。

 松澤は、この日3安打を放ち、IL選抜として初めての1点を叩き出した。また、2回裏には、左中間の深い位置へ飛んだ強烈な打球に迷わずダイブ。守備でもスーパーキャッチを披露し、スタンドの観客から拍手喝采を浴びた。北米遠征では、ここまでの2試合で7打数4安打1打点。輝きを放っている。

 松澤は、香川オリーブガイナーズに入団して1年目の22歳。香川の前期優勝にも多大なる貢献をした強打の外野手である。私自身、2014年11月に関西で行われたトライアウトで松澤を見ているが、その面構えやハツラツとした動きは今でも瞼に焼き付いている。香川への入団が内定していたため獲得することはできなかったが、そうでなければ、間違いなく徳島インディゴソックスが上位指名していたであろう。

 私は、北米遠征初戦が終了し、深夜に一人、宿舎のロビーでメジャーリーグの試合の録画映像に見入っていた松澤に声を掛けた。「今回の遠征メンバーに選ばれて本当に感謝している。実際、アメリカに来て、何もかもが本当に勉強になる。慣れない食事や時差ボケにもしっかり順応できているし、とても充実している」と目を輝かせていた。礼儀正しく、快活な好青年は、慣れない環境を、むしろ楽しみながら伸び伸びとプレーしている。

 慣れない環境で実力を発揮するということ、それ自体も、一つの重要な能力である。


【次のページ】 3488人の観客から送られたスタンディングオベーション


【関連記事】
第6回 NPB入りを叶えることができるか?覚えておきたい独立リーグのドラフト候補たち【独立リーグドラフト特集】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第3回 四国アイランドリーグplus CEO  鍵山 誠 氏 【2012年インタビュー】

コラム