第9回 【四国IL plus 2015北米遠征】 「2点を自ら失い、1点を奪えず」(対サセックスカウンティ・マイナーズ 交流戦第4戦)2015年06月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2点を自ら失い、1点を奪えず

キャンナムリーグ初登板初先発の松本 直晃(香川オリーブガイナーズ)

 現在、創設11年目にして初の海外遠征となる北米遠征参加中の「四国アイランドリーグplus ALL STARS」。その根幹を成す北米独立リーグで3本の指に入る強豪リーグ「カナディアン・アメリカンリーグ(以下、キャンナムリーグ)」公式交流戦第4戦・サセックスカウンティ・マイナーズ戦。

 この試合は現地時間6月16日(火)18:05(日本時間6月16日(火)7:05)より、ニュージャージー州オーガスタ「スカイランズ・スタジアム」で、前日中止試合の振替試合として7イニング制のダブルヘッダー第1試合として行われ、四国アイランドリーグplus ALL STARSが1対2で惜敗。サセックスカウンティ・マイナーズとの3連戦初戦を落とした。

 四国アイランドリーグplus ALL STARSの先発は、キャンナムリーグ初登板初先発の松本 直晃(香川オリーブガイナーズ)。今季、医療法人養和会軟式野球部(鳥取)から硬式野球投手の場に身を投じる中、前期リーグで2勝1敗4セーブ、リーグ3位の防御率1.38と、ドラフト候補として注目されている本格派右腕である。

 この日は、変化球主体の投球を展開。変化球を見せ球にしながら、ストレートを巧く使っていた。
3回裏、中前打をセンター・髙田 泰輔(愛媛マンダリンパイレーツ)が後逸したところから始まった一死三塁のピンチからサセックッスカウンティ・マイナーズ9番・Smithに中犠飛を浴び先制を許すが、危なげない投球で序盤を切り抜けた。

 ただ、打線はなかなか先発のSommoを打ち崩せない。3回まで毎回出塁も無得点。4回表には3番・原口 翔(一塁手・香川オリーブガイナーズ)が四球で出塁し、4番主将の松嶋亮太(遊撃手・徳島インディゴソックス)が中前安打。さらに5番・松澤 裕介(左翼手・香川オリーブガイナーズ)が犠打で送り一死二、三塁。続く6番赤松 幸輔(捕手・香川オリーブガイナーズ)の三振が暴投となる間に同点に追いついたが、逆転までにはつなげられなかった。

 先発の松本 直晃は4回裏には5番の左打者Bryantに対しては内角のストレートを投げ込んで、バットを折る一塁ゴロに打ち取ると、5回裏には、先制犠飛を浴びた9番Smithをストレートで空振り三振に打ち取るなど5回を68球1失点(自責点0)・1死球・3奪三振の力投。が、常に先に仕掛けることが重要な7イニング制試合の鉄則を踏めなかったことが、四国アイランドリーグplus ALL STARSにとって悔やまれる結果を生んでしまう。

 6回裏、この回からマウンドに上がったブランセマ(徳島インディゴソックス)が一死一、二塁のピンチを背負うと、サセックッスカウンティ・マイナーズは積極果敢にダブルスチールを敢行し、四国アイランドリーグplus ALL STARSの内野陣が処理を誤る間に決勝のホームを陥れることに。日本野球のお株を奪うような見事な走塁は本来、表の攻撃をする側がしなければならないことである。

 四国アイランドリーグplus ALL STARSの負の連鎖は後がない7回表の攻撃にも波及する。先頭7番の河田直人(指名打者・高知ファイティングドッグス)が相手二塁手の失策、続く代打・四ツ谷 良輔(愛媛マンダリンパイレーツ)が一塁線への絶妙なバントヒットで得た無死一・二塁の逆転機も、続く髙田が3バント失敗。後続も連続三振で試合終了。キャンナムリーグの通算成績は1勝3敗となっている。

 中島 輝士監督はダブルヘッダーを迎えるにあたり「ピッチングスタッフの数はしっかり補える投手がいる。野手も含め、まだこの段階のダブルヘッダーに関してはまったく問題ありません」と語っていたが、先発・松本 直晃には大きな収穫があった反面で、試合の流れをいかに引き寄せるかといった点には反省が残る一戦となった。

 なお、第2試合は試合終了後約20分のインターバルを経て、現在開催中。この模様を含め、北米遠征全試合は四国アイランドリーグplusのHPにあるリンクからライブ映像を観戦することができる。

松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)のコメント
 リーグ戦では先発の経験があまりない中で「どういうふうにゲームを作って行こうかな」と。抑えや中継ぎをやっているときは先頭バッターから全力で抑えにかかるんですけど、「そういうわけにもいかないな」と思ったので、極力ローボールを意識して、打たせてとるように。「ちょっといままでとは違うピッチングができたらいいな」とイメージしていました。
外国人相手なので、真っ直ぐばっかり見せていても対応してくる。力の入れどころを意識して。あとはコースと高さをしっかり意識して投げました。(4回裏、バットを折って一ゴロに打ち取った場面は)狙い通りでした。
次はどんな場面の起用になるか判らないですが、自分に与えられた仕事をきっちりこなすだけです。頑張って行きます。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国アイランドリーグplus ALL STARS00010001
サセックスカウンティ・マイナーズ001001×2

四国アイランドリーグplus ALL STARS:松本直、ブランセマー赤松
サセックスカウンティ・マイナーズ:Sommo, Testa-Hernandez

このページのトップへ

【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第3回 四国アイランドリーグplus CEO  鍵山 誠 氏 【2012年インタビュー】

コラム