第12回 【四国IL plus 2015北米遠征】 「新鮮力躍動で圧勝!連勝で成績も5割に」(対サセックスカウンティ・マイナーズ 交流戦第6戦)2015年06月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

新鮮力躍動で圧勝!連勝で成績も5割に

先発し好投した吉田嵩投手(徳島インディゴソックス)

 現在、創設11年目にして初の海外遠征となる北米遠征に赴き、北米独立リーグで3本の指に入る強豪リーグ「カナディアン・アメリカンリーグ(以下、キャンナムリーグ)」参戦中の「四国アイランドリーグplus ALL STARS」。

 その公式交流戦第6戦・サセックスカウンティ・マイナーズ戦が、6月17日(水)19:05(日本時間6月18日(木)8:05)より、ニュージャージー州オーガスタ「スカイランズ・スタジアム」で行われた。試合は四国アイランドリーグplus ALL STARSが9対0で圧勝。キャンナムリーグでの初連勝を飾ると同時にサセックスカウンティ・マイナーズとの3連戦を2勝1敗で勝ち越し。キャンナムリーグ通算成績も3勝3敗のタイとした。

 四国アイランドリーグplus ALL STARS・中島 輝士監督は、この試合で、北米遠征29選手中最年少・18歳の吉田 嵩(徳島インディゴソックス)をキャンナムリーグ初登板・初先発のマウンドに送り込んだ。海星(長崎)時代に昨夏甲子園マウンドも経験(試合レポート)。
前期リーグでもリーグ6位の防御率1.61をマークしている期待の右腕は、その強心臓ぶりを異国の地でも披露。徳島インディゴソックスのチームメイト・宮下 直季のリードにも導かれ、初回を2奪三振と上々の立ち上がりを見せる。

 直後の2回表。その流れを打線がしっかりと引き継ぐ。サセックッスカウンティ・マイナーズ先発・Cedanoに対し、先頭の主将4番・松嶋 亮太(徳島インディゴソックス)が左前打で火ぶたを切ると、二死二塁から7番・山下 和則(三塁手・高知ファイティングドッグス)が北米遠征初先発の期待に応える一・二塁間先制打。さらに一・二塁から9番・四ツ谷 良輔(二塁手・愛媛マンダリンパイレーツ)のセンター方向への深い遊撃ゴロが失策を誘い追加点。1番・大木 貴将(左翼手・香川オリーブガイナーズ)も左前適時打で計3点。

 ちなみに、この3本の当たりはいずれもセンターから逆方向。前日、中島監督が打線の課題として明示していた「基本に戻ってセンター中心」を早くも選手たちが体現した格好である。

 四国アイランドリーグplus ALL STARSの攻勢は続く。3回表には一死二・三塁から山下がこれも逆方向を意識した右中間への犠牲フライで4点目。5回表には無死二塁から5番・松澤 裕介(中堅手・香川オリーブガイナーズ)が鋭い当たりでセカンド右を抜ける適時打で5点目。吉田も5回で5安打は浴びたものの、角度ある直球、横の変化、緩い変化球を織り交ぜ、毎回の6奪三振で先発陣初となる5回無失点。四国アイランドリーグplus ALL STARSはこの時点で勝利を大きく引き寄せた。

 そして6回裏からは川崎 貴弘(香川オリーブガイナーズ)がマウンドへ。7回裏には一死満塁のピンチを背負うも三振。あらかじめ深めに守っていた松澤への中飛でサセックッスカウンティ・マイナーズに得点は与えず。8回裏からは北米遠征初登板の20歳・秋山 陸(高知ファイティングドッグス)が2イニング0を並べる好投で続く。

 この間、打線も攻撃の手を緩めず。6回表に代打・小林 義弘(徳島インディゴソックス)の押し出し死球で1点・8回表にも代打から3番・指名打者に入った小林義、6番のトモ・デルプ(一塁手・徳島インディゴソックス)の適時打などで3点を追加し計13安打9得点。キャンナムリーグ初登板・初先発・初勝利の吉田。初先発初打点の山下。キャンナムリーグ初連勝・初完封・初の3連戦勝ち越しと「初」が躍動する9イニングとなった。

 かくして、1983、1984年にロッテオリオンズの左腕として活躍したスティーブ・シャーリー監督率いるサセックッスカウンティ・マイナーズに日本野球の成長を示し、キャンナムリーグ参戦6戦目にしてスコアも内容も文句なしの成果を残した四国アイランドリーグplus ALL STARS。

 第7戦はUSAラウンド最後の地となるニューヨーク州ポモナへと移動。「プロベントバンク・パーク」において現地時間6月18日(木)19:00(日本時間6月19日(金)8:00)より、ロックランド・ボールダーズとの4連戦初戦へ勢いを持って臨む。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国アイランドリーグplus ALL STARS0310110309
サセックスカウンティ・マイナーズ0000000000

四国アイランドリーグplus ALL STARS:吉田、川崎、秋山ー宮下、赤松
サセックスカウンティ・マイナーズ:Cedano, Amezcua, MuellerーHernandez


【次のページ】 監督、選手のコメント


【関連記事】
第6回 NPB入りを叶えることができるか?覚えておきたい独立リーグのドラフト候補たち【独立リーグドラフト特集】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第3回 四国アイランドリーグplus CEO  鍵山 誠 氏 【2012年インタビュー】
川崎 貴弘(津東) 【選手名鑑】
小林 義弘(山梨学院) 【選手名鑑】
山下 和則(青嶺) 【選手名鑑】
吉田 嵩(海星) 【選手名鑑】

コラム