第14回 【坂口裕昭の北米探訪記】 「成功と失敗の間で」(第6回)2015年06月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

肌で体感した最高のエンターテインメント

スタジアムのコンコースを一周する機関車の乗り物

 この日は、私もまた、敗北感と歯痒さを味わっていた。

 ボールダーズの本拠地プロヴィデント・バンク・パークに集まった観客は2,141人。肌寒く、時折、小雨が舞い散る中での木曜日のナイター。しかも、スタジアムへのアクセスは決して良くない。その中でのこの観客数は、日本の常識からは考えられない数字である。

 しかし、ここにもまた、理由が存在する。何よりも大きいのは、スタジアムの作り方である。このスタジアムは、地元の大学野球チームと独立リーグの球団であるボールダーズのために、球団、地元企業、教育機関、そして、自治体が力を合わせることによって、作られた球場である。

 寂しさすら漂う、コンクリートの塊のような日本の地方球場とは異なり、あらゆる場所に遊び心が散りばめられている。選手用のダッグアウトの横に作られた観客用のダッグアウト、レフトのファウルゾーンに設けられたバー、子どもたちを乗せてスタジアムのコンコースを一周する機関車の乗り物。
お客さまに最高のエンターテインメントを提供するための映像・音響システム、オーロラビジョン、独自のラジオ中継。アクセスの悪さを補うための巨大な駐車場。その全てに溜息を漏らすほかない。

 日本で同じことをするのは不可能なのか。程度の差はあるだろうが、私は、関係者の全てが、地域の未来を本気で考え、共通の想いをもって臨めば、不可能ではないと考えている。

 そのためには、まず、ボールダーズのような成功例を直接肌で体感し、共通のイメージを創り上げることが必要である。
事前視察に訪れた私たち四国アイランドリーグplus(以下「四国IL」)の経営陣は、その重要性を感じ、四国4県の自治体や関係団体に対し、遠征への帯同や視察同行を提案した。それだけでは難しいかもしれないと考え、対戦相手の各球団と交渉し、現地で四国の観光PRができる環境も整えた。

 しかし、どの自治体からも反応はなかった。そのため、四国ILは、自前で四国各県のPR動画を作成し、各球場のオーロラビジョンや球場内イベントで自主的に四国のPRを行い、日本人を含む現地の方々と交流イベントを行っている。哀しいかな、これが現実。

 何も生み出すことのない会議のための会議や有識者による審議会、研修会を繰り返し、何らビジョンを持たない視察に税金を使っている自治体が、なぜ、こうしたチャレンジをバックアップしようとしないのか。一緒に楽しもうとしないのか。私には全く理解ができないことである。
しかし、私たち四国ILには、立ち止まったり、嘆いたり、ただ批判をしたりしている時間はない。前を向き、歯を食いしばり、リスクを恐れずに進んでいくしかないのである。

 人間は、わかっていても失敗を繰り返す、愚かな生き物である。しかし、それと同時に、失敗から学び、どん底から立ち直る強さを持った生き物でもある。失敗に怯え、リスクを回避することばかり考えているようでは、何も始まらない。私は、そう信じている。そして、これこそが、四国ILに関わる全ての人間の魂であり、プライドである。

(取材/文=坂口 裕昭)

このページのトップへ


【関連記事】
第6回 NPB入りを叶えることができるか?覚えておきたい独立リーグのドラフト候補たち【独立リーグドラフト特集】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第3回 四国アイランドリーグplus CEO  鍵山 誠 氏 【2012年インタビュー】

コラム