第19回 【四国IL plus 2015北米遠征】 「『侍の逞しさ』で、カナダラウンド緒戦飾る!」(対トロワリヴィエール・エーグルス 交流戦第11戦)2015年06月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「侍の逞しさ」で、カナダラウンド緒戦飾る!

増田 大輝選手の打席

 前日、ロックランド・ボールダーズとの激戦(試合レポート)を終えた直後、四国アイランドリーグplus ALL STARSの選手・首脳陣はそのまま移動用バスに乗り込んだ。約700km・9時間を経てようやく到着したカナダ・ケベック州トロワリヴィエール。
が、心身ともに疲労していないはずがない翌日の試合にもかかわらず、躍動していたのはビジターチームの側。まるで侍のような逞しさがそこにはあった……。

 北米独立リーグ「カナディアン・アメリカンリーグ(以下、キャンナムリーグ)」参戦中の「四国アイランドリーグplus ALL STARS」は現地時間6月22日(月)19:05(日本時間6月23日(火)8:05)より、「スタッド・フェルナンド・ベタール」においてトロワリヴィエール・エーグルスと対戦した。

 プレイボール前のメンバー発表。先発投手の欄には驚きの名前が記されていた。「Koichi Kochinda」。中島 輝士監督はここまでの10試合でチーム1位の4試合に登板していた東風平 光一(愛媛マンダリンパイレーツ)を中1日で送り込んだのだ。

 いわば「奇襲戦法」。それでも黙々とトロワリヴィエール・エーグルスに対峙する東風平の真摯な姿勢。これで意気に感じなければ男ではない。2回表、ついに四国アイランドリーグplus ALL STARSは「あと一本」の壁を破る。

 一死から5番・松澤 裕介(中堅手・香川オリーブガイナーズ)がファースト強襲のヒット。続く小林 義弘(一塁手・徳島インディゴソックス)が前日、ロックランド・ボールダーズ戦(試合レポート)での同点打を再現するように右中間を深々と破る二塁打で先制。さらに一死一、三塁から9番・髙田 泰輔(右翼手・愛媛マンダリンパイレーツ)が一・二塁間に転がす内野安打で追加点を奪う。

 ちなみにこの2点目は7番・四ツ谷 良輔(遊撃手・愛媛マンダリンパイレーツ)がインハイ頭に近いボールを素晴らしいバットコントロールで一塁ゴロを打ち「一死三塁」としたことにより生まれたもの。そこには己を捨てチームを活かすことで己の価値を高める「つながる」意識が如実に現れていた。

 直後、東風平が5安打を集中されても同点までに留める奮闘を見せると、3回表、打線の加速度はさらに増す。先頭の2番・増田 大輝(二塁手・徳島インディゴソックス)が左前安打をきっかけに無死満塁とすると、キャンナムリーグ13安打とチームダントツの安打数を誇る松澤が、ライト線へ強烈な勝ち越し2点二塁打。これで松澤は打点も他を引き離す8打点目となった。

 もう勢いは止まらない。小林義が2打席連続打点となる中前適時打。さらに四ツ谷のあわや安打と思わせる強い三塁ゴロで1点。再びつながりを発揮した4得点で四国アイランドリーグplus ALL STARSは完全に試合の主導権を手にしたのである。

 一方の投手陣も「つながり」を大事にしながら戦った。5回裏・東風平 光一が二死二、三塁から2013年WBCコロンビア代表の4番Brownに痛恨の3ランホームランを浴びるが、ここでマウンドを託された秋山 陸(高知ファイティングドッグス)は1回3分の1を無失点。
7回裏に3番手のエドワード・ウィリアム・ブランセマ(徳島インディゴソックス)がBrownに適時打を浴びても、8回からは松本 直晃(香川オリーブガイナーズ)が2回無失点リリーフ。USAラウンドで痛い思いを何度もしながら学んだ「失点の連鎖を繰り返さない」意識が失点を「6」に留める要因となった。

 結局試合は後半も6回表に増田と4番・松嶋 亮太(三塁手・徳島インディゴソックス)の適時打。9回表も一死二、三塁から小林義のこの日3打点目となる一塁ゴロで3点を追加した「四国アイランドリーグplus ALL STARS」が見事打ち勝ち9対6。カナダラウンド初戦を勝利で飾り、連敗も4で止めてキャンナムリーグ通算成績を4勝7敗とした。

 はたしてこの「逞しさ」は本物なのか?それとも一過性のものなのか?その真価が問われるキャンナムリーグ通算第12戦目は、ケベック州トロワリヴィエール「スタッド・フェルナンド・ベタール」において現地時間6月23日(火)19:05(日本時間6月24日(水)8:05)よりプレイボール。トロワリヴィエール・エーグルスとの3連戦2戦目も、彼らが身体から放つ「逞しさ」に注目したい。


1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国アイランドリーグplus ALL STARS0240020019
トロワリヴィエール・エーグルス0200301006

四国アイランドリーグplus ALL STARS:東風平、秋山、ブランセマ、松本直 ー 宏誓
トロワリヴィエール・エーグルス:Thomas, Alvarez, Schemeltzer, Downing ー Lafrez
本塁打: Brown(トロワリヴィエール・エーグルス)

このページのトップへ


【次のページ】 監督、選手のコメント


【関連記事】
第20回 【四国IL plus 2016北米遠征】「武者」から「カブキ」へ。そして「侍」へ 「全力」のキューバ代表から吸収すべきこと【2016北米遠征レポート】
第19回 【四国IL plus 2016北米遠征】ついに目覚めた「カブキJAPAN」 「KABUKI SPIRITS!」でキューバを破れ!【2016北米遠征レポート】
第18回 【四国IL plus 2016北米遠征】粘りでつかんだ「7勝目」糧に キャンナムリーグ最終戦へ【2016北米遠征レポート】
第17回 【四国IL plus 2016北米遠征】真の「カブキJAPAN」となるために あと半歩・一歩の精度を極めよ【2016北米遠征レポート】
第16回 【四国IL plus 2016北米遠征】3試合連続サヨナラ負けで5連敗 厚い壁を「KABUKISPIRITS!」で突き破れ【2016北米遠征レポート】
第53回 徳島インディゴソックス・張 泰山内野手 独占インタビュー(日本語版)  「一緒に野球を楽しみましょう!」 【2016年インタビュー】
第54回 張泰山內野手(德島藍短襪隊)獨家訪問  「一起快樂打棒球!」 【2016年インタビュー】
第49回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【後編】 「四国アイランドリーグplusは『修行の場』」 【2015年インタビュー】
第48回 四国アイランドリーグplus 鍵山 誠CEO【前編】 「『四国発』新事業のはじまりとして」 【2015年インタビュー】
第45回 松本 直晃投手(香川オリーブガイナーズ)vol.3「『一年勝負』で、送り出してくれた方々に報いる」 【2015年インタビュー】
増田 大輝(小松島) 【選手名鑑】

コラム